« 「玉蘭」 | トップページ | C.S.I.5 »

2007年6月18日 (月)

NHK時代劇「風林火山 越後の龍」

越後の龍こと上杉謙信(長尾影虎)を演じるGacktは最後の場面にちょっとお目見えのみで、本格的に現れるのは来週からになりそうですね。

私は昔々のNHK大河ドラマだと思うのだけれど、柴田恭平の上杉謙信を見た記憶があって、『上杉謙信って暗いなぁ。陰気で苦手だな』という印象を持っていました。ところが、最近Gackt関連で上杉謙信について語られるのを聞くと、仲々魅力的な人物のようなのです。仏(毘沙門天)を信じ、正義を行うことを身上としたようです。自分を毘沙門天の化身だと信じたというのはちょっと引いちゃうけど、ヒーロー性十分ですよね。

Gacktがどんな謙信像を示してくれるのかわかりませんが、ヴィジュアル的には大いに期待出来ます。願わくば粘液質でなく、さらりと演じて欲しいなと個人的好みから願います(^^;)

それにしても、今回のドラマの中で、武田晴信と諏訪の由布姫の子として生まれた四郎を「勘助の子」と唱したナレーションは何を意味していたのだろう。由々しき表現ですよね。勘助にとって恋慕の対象であったとしてもそれはあくまでも精神的なものに限られたと思いたい私としては、こういうナレーションは厭でしたね。

|

« 「玉蘭」 | トップページ | C.S.I.5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/15478837

この記事へのトラックバック一覧です: NHK時代劇「風林火山 越後の龍」:

« 「玉蘭」 | トップページ | C.S.I.5 »