« 「刺客請負人」 | トップページ | 「レミゼラブル」 »

2007年7月26日 (木)

「相棒 - 双頭の鷲」再放送

TV朝日の再放送で「相棒」があると得した気分になる。

昨日と今日の連続で再放送されたストーリーは政治家の殺人事件で、大いに見応えがあった。首相官邸の盗聴事件から殺人事件が引き起こされ、それを例によって我らが杉下右京が粘り強くと言うか蛇のように執拗に解明してゆく。以前見て覚えているにもかかわらず十分楽しめる作品だ。

官邸、政治家、新聞記者のそれぞれの思惑と、追及により言い訳が変化してゆくところもよく描かれている。それぞれの人間の性癖やその人なりの正義感などが描き分けられているのだ。

キャストも的確で、こういうのをキャラが生きてるというのだろうけど、権力を振り回す人も、権力に従う人も、従わない人もそれぞれとても個性的だ。その中でも抜群は津川雅彦だね。政治家の横柄さと率直さと心意気が大きな人間を見せていて魅力的だ。

右京の相棒の亀山薫の恋のトラブルも、大人の男が恋敵で大いに手ごわいのは面白い。

監督は和泉聖治、製作は東映。良い作品をつくりますねぇ(^-^)

|

« 「刺客請負人」 | トップページ | 「レミゼラブル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめておじゃまします。

KAYちゃん、ブログ開設していたんだね。
って、少し前に気づいていたんだけど、ドラマも映画も(特に時代劇)はあまり観る機会がなくて、中身のあるコメントはできないと思い、いつもロムしただけで失礼していました(>_<)
これからもたまに読み逃げしに(笑)来るので、更新がんばってね。

それと、寄付団体(?)活動、頭が下がります。
見習わなくちゃ・・・。

投稿: tomo | 2007年7月29日 (日) 23時43分

わーぃ、tomoさん、ようこそ!
来てくださってとっても嬉しいです。有難う!

時代劇も楽しいよ(^-^)

あの活動は・・・ボチボチね(^^;)

投稿: KAY | 2007年7月31日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/15911238

この記事へのトラックバック一覧です: 「相棒 - 双頭の鷲」再放送:

« 「刺客請負人」 | トップページ | 「レミゼラブル」 »