« 「腕におぼえあり3」@時代劇チャンネル | トップページ | 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 »

2007年8月28日 (火)

「蝉しぐれ」 映画版

TV朝日で日曜洋画劇場の40周年記念作品として27日放映された映画版「蝉しぐれ」を見ました。もしかしたら以前にも見たかもしれないんですが忘れたようです。

私はNHKの「清左衛門残日録」が気に入って藤沢周平の作品を読むようになりました。「蝉しぐれ」を最初に読んだ時はそれほど感銘を受けなかったので、ネット仲間でのダントツ人気が「蝉しぐれ」だったのを、不思議に思っていました。

その後、NHKで内野聖陽・水野真紀主演でドラマ化されました。石橋保演じる小和田逸平が私のお気に入りでした。それを機会にもう一度この本を読み直して、この作品の良さにあらためて感じ入ったのです。

映画版は、内野聖陽より美形で私の好みの市川染五郎が文四郎なので大いに期待していました。それなのにどうやら以前見たことを忘れていたというのだから、我ながら呆れましたが、見終わってから少し納得した気がします。印象が薄いんですね。

養父の遺骸を荷車に乗せて坂道を登る文四郎をおふくが健気に手を貸すところは、TVではおとなの役者がやっていた見せ場だったのですが、映画では子役というか幼い若者が演じていました。監督はきっと役者でなくて作品で見せようとしたのでしょうが、文四郎とおふくの心の絆の強さを見せるには別の役者というのが散漫な印象にしてしまったのではないでしょうか。

そして、45分で7回というたっぷりの時間をかけたTVドラマと比較しては可哀想ですが、映画では割愛してしまった場面が多くて盛り上がりに欠けたことと、やはり若い市川染五郎よりは内野聖陽の演技力の方が上だったということでしょう。

|

« 「腕におぼえあり3」@時代劇チャンネル | トップページ | 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/16267115

この記事へのトラックバック一覧です: 「蝉しぐれ」 映画版:

« 「腕におぼえあり3」@時代劇チャンネル | トップページ | 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 »