« 森村誠一「終着駅シリーズ 悪の条件」と「鬼子母の末裔」 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」@TBS »

2007年9月26日 (水)

「HERO」SPTV版

TVシリーズで人気があったのですが、なぜか一度も見たことがありませんでした。

木村拓哉って好感度は高いけど、彼が出ているから覗いてみようかという気にならないんですよね。

23日に放送されたSP版「HERO」の録画を今日見ました。山口県の海が綺麗な地方都市に転勤になった木村拓哉演ずる久利生公平検事が殺人事件の真相を追究するドラマでした。

型破りのジーンズ検事ですが、少年時代に喧嘩で捕まった時に出会った検事のようになりたくて、中卒経歴ながら大検を受け、司法試験を受けて検事になったという経歴だそうです。

事件は町を興した恩人社長のバカ息子のスキャンダルをネタに強請ってきたブラックジャーナリストを殺した専務(中井貴一)の心情を解き明かすまでが描かれるのですが、結局私としては納得出来ませんでした。

取調べ中、専務の地元の美しい海に対する思い入れの強さを知るにつけ、そんな男が死体を海に放置するはずがないから別人が殺したのではないかとずっと思っていました。

ところが、彼は男が煙草の吸殻を捨てたのでカッとして殺してしまったというのです。その上、その吸殻が海ならぬ突堤の穴から発見されるに至って、バカバカしくなってしまいました。

煙草の吸殻は海に捨てられた訳ではないのに海を愛していると自他共に認める男が死体を海に浮かべる矛盾。製作者は全然感じないのかしら。変なドラマ(^^;)

どうやら映画でまもなく上映される「HERO」の宣伝用TVドラマだったようです。

|

« 森村誠一「終着駅シリーズ 悪の条件」と「鬼子母の末裔」 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」@TBS »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/16580167

この記事へのトラックバック一覧です: 「HERO」SPTV版:

« 森村誠一「終着駅シリーズ 悪の条件」と「鬼子母の末裔」 | トップページ | 「この胸いっぱいの愛を」@TBS »