« 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 | トップページ | 吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」 - 文楽@国立劇場 »

2007年9月10日 (月)

「天国と地獄」リメイク版

昨日TV朝日のスペシャル番組「天国と地獄」を見ました。

今日は松本幸四郎で「生きる」をやったし(録画してるけど未見)、映画では織田裕二で「椿三十郎」がもうすぐ上映されるそうです。今なぜ黒澤明のリメイクなんでしょうねぇ。

オリジナルを昔TVで見たことがあったはずと思うのですが、ほとんど記憶がなくて、新幹線の窓から身代金を放り投げるという場面しか覚えていませんでした。

今回見たTVドラマがオリジナルとどのくらい似ているのか、似ていないのか分りません。でも、見た感想としては、やはり価値観的な時代のずれというのがあるのではないかと思いました。

善良っぽいイメージの妻夫木聡が誘拐犯をやっているのが多分売りなんでしょうね。彼の演技は犯人でも違和感がないのが面白いです。

でもね、今の時代、医者の卵が貧しいアパートから高台の豪邸を眺めて不満が憎悪になって反抗に走るというのはちょっと納得し辛いでしょう。だって数年我慢すれば自分だって高台に暮らす種族になれる可能性があるんだもの。

だからか、ちょっと精神異常っぽく色付けしてあったけど、結局中途半端だったように思います。動機に理屈をつけるなら徹底して理詰めで行って欲しいです。異常者なら、徹底して異常を見せないと、観客は実感を持てないでしょう。

|

« 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 | トップページ | 吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」 - 文楽@国立劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/16399791

この記事へのトラックバック一覧です: 「天国と地獄」リメイク版:

« 「6週間のダンスレッスン」@博品館劇場 | トップページ | 吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」 - 文楽@国立劇場 »