« 「天国と地獄」リメイク版 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座 »

2007年9月12日 (水)

吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」 - 文楽@国立劇場

文楽の夜の公演に行ってきました。

文楽は昔よく見ていて、吉田玉男の立ち役と吉田蓑助のお姫様というのをよく見ました。その玉男の一周忌追善公演というのですが、配役がすっかり様変わりでしたね。

玉女の菅丞相(菅原道真)は動きが少なく、印象が薄い感じです。木像を彫れば魂が入るほどのカリスマ性が出ていないんじゃないかと思いました。

蓑助が奴宅内で出てきた時はびっくりしました。主役級を遣わなかったのは、この追善公演のお祝儀なのだろうか、それとも体力的に大きな人形を扱えなくなっちゃったのだろうかと心配しました。それでもやっぱり蓑助は素晴らしいです。奴が舞台の端で脅されてどぎまぎしている様子に観客の目は惹きつけられて笑っていました。舞台中央では立田前の死骸を前に泣きの場面。これは演じ手の技量の差なんだろうなと考えました。

宿禰太郎という悪役を遣った桐竹勘十郎は、出てきた時から顔の表情が怖いのが気になっていましたが、妻の立田前を殺して池に投げ込んだ時はその表情がぴったりでした。その後は怖い表情が緩くなったので、やはり舞台内容に影響されるんだなと感じました。

それにしても玉男はどんな役もしら~っと表情を変えずに遣っていましたね。

印象的だった役は桐竹亀次の御台所と玉輝の武部源蔵でした。御台所はなんともいえず上品で心優しい感じがよく出ていました。人形の印象かと思ったのですが、やはり遣い手の上手さでしょうね。武部源蔵は立ち回りのところだったかしら、すっきり凛々しく、玉男を思い起こさせました。でも、玉男はもっと肩幅が広い人形を遣ったように思ったのは、私の勝手な思い込みだったでしょうか(^^;)

|

« 「天国と地獄」リメイク版 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/16421112

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」 - 文楽@国立劇場:

« 「天国と地獄」リメイク版 | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座 »