« 「Flags of our Fathers」&「Letters of Iwojima」 | トップページ | 「エディット・ピアフ」愛の賛歌 »

2007年10月11日 (木)

「陽炎の辻」 ~居眠り磐音 江戸双紙~

NHK木曜時代劇「陽炎の辻」が本日最終回でした。

この11回を丁寧に見ました。とても素敵な好い作品でした。

原作は佐伯泰英、脚本は尾西兼一、主題歌新妻聖子です。文庫本を最新刊まで読んだという友達に聞いたところによると、原作は長崎や小倉、京都などでエピソードを積み重ねているようですが、ドラマではすっきりと国許豊後と江戸を主体に描いています。よくまとまっていると感じます。

配役もいいですね。日向のいねむり猫のようにニコニコとしている若者坂崎磐音を演じる山本耕史がぴったりです。初回で非業の死を遂げてしまう親友を演じた塩谷瞬と柏原収史もよかったです。深川娘お紺を一生懸命演じた中越典子は私のお気に入りです。もしかしたら本物の深川弁はもっと意気がよかったかもしれないですね。鰻屋の主人の台詞回しがちょっぴり深川のイメージでした。

鶴見辰吾の演技はとても重厚でした。ちょっとした仕草に人としての深みを見せる役で、彼がこんな役をやる年頃になったのかとちょっと感心しました。

初めて見た壇れいも時代劇にぴったしです。あんなにしっとりした女性を演じることが出来る女優をよく見つけたものです。

この明るい青年磐音は剣の達人なのですが、その殺陣シーンはまるでフェンシングかと思わせる軽さでした。突きがあるわけではありません。でも、剣先を合わせて舞うような、時にはカンフーを思わせるような殺陣は、竹田寿郎だそうで、現代風というところでしょうか。

坂崎磐音は国家老の策略で友を失い、もう一人の友を上意討ちしなければなりませんでした。そのあおりを受けて、元許婚は困窮から身を売って、1200両で江戸吉原の花魁となってしまいます。いくつもの悲劇にもめげず、磐音は江戸の大商人両替商今津屋の協力を得て、お家を危うくする国家老一派の追放を成し遂げます。

何事にも誠実に全力を尽くす坂崎磐音の生き方は、お紺でなくても「いいな」と思わせられます。私もあんなふうに誠実に生きていかなくちゃと思いました(^^;)

|

« 「Flags of our Fathers」&「Letters of Iwojima」 | トップページ | 「エディット・ピアフ」愛の賛歌 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/16733941

この記事へのトラックバック一覧です: 「陽炎の辻」 ~居眠り磐音 江戸双紙~:

« 「Flags of our Fathers」&「Letters of Iwojima」 | トップページ | 「エディット・ピアフ」愛の賛歌 »