« 「大徳川展」カタログ | トップページ | 「塗られた本」@松本清張 »

2007年12月17日 (月)

NHK大河ドラマ「風林火山」終了

昨日、今年の大河ドラマ「風林火山」が終わった。最近のNHK大河ドラマは戦国時代を扱ったものが続いたので、私はあのへんの勢力争いの様相をやっと大まかに掴むことが出来るようになった。

しかし山本勘助という男には最後まで関心を持つことが出来なかった。どこがいいのだろう。軍師としては華々しいことはほとんどなくて、失敗ばっかりじゃない?むしろその程度の軍師を補って判断力と包容力のあった武田信玄の方が魅力的な人物だったみたいだと感じた。

まぁ、私は「軍師」というものの価値がよく分ってないのかもしれない。昔「三国志」を読んだ時、諸葛孔明が思っていたほど魅力的に見えなくて、軽く失望感を味わったことがあったものなぁ。

今回、私の中で上杉謙信の株がぐんと上昇した。Gacktって初めてちゃんと見たけど、とても綺麗で、潔癖症っぽい英雄の姿が見られた。そうか謙信ってこういうタイプだったんだと納得しちゃった。どこかで、NHKドラマで歴史を学ばないで下さいという時代劇ファンの言葉が聞こえる気がするけど、イメージを捉えられたのは幸運だった。

それにしても、このドラマではどの登場人物も、重々し過ぎる台詞回しで、あんな喋りばかりしてたら疲れちゃうよと思った。あり得る?無理だよね。

最後に、最初の頃の思い出場面で、山本勘助の好きな女性役が、今の朝ドラのヒロインだと判った。彼女は先日再放送された民放の「信長の棺」にも出ていた。朝ドラが初めての女優かと思っていたからびっくりした。

(K)

|

« 「大徳川展」カタログ | トップページ | 「塗られた本」@松本清張 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/17397795

この記事へのトラックバック一覧です: NHK大河ドラマ「風林火山」終了:

« 「大徳川展」カタログ | トップページ | 「塗られた本」@松本清張 »