« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

「吉原炎上」

昨年末のTV朝日スペシャルドラマ「吉原炎上」を録画していたが、仲々見る気になれなかった作品。虐げられた女達の愛憎のドラマなんて、見る気になれないよね。

斉藤真一原作、主役の花魁役は観月ありさ、脇役がどれも上手い役者ばかりで、それがこの作品を骨太にしていた。キャスティングのうまさがあるし、ある程度の演技を引き出しているのだから、演出(猪原達三)もいいということかな。

遣り手の藤真利子が出色。先輩女郎達もそれぞれだ。病の子供のために身を売っても子供を救えなかった女(国生さゆり)は破産した男(宇梶剛士)の心中に付き合ったりする。お職を張った花魁(有森也実)が病をうつされると下の下まで落ちてゆく。それぞれが主人公の娘の心の糧になったはず。

幼馴染(林泰文)の裏切りはすごいね。あそこまで人にすっかり騙されるものかなと不審に思うほどだ。騙している人間って、分かるんじゃない?それでも騙されるのは、騙される方にも、騙されてるかもしれないけど信じたいんだという希望があるんじゃないかなぁ。

一緒の時期に売られてきて、最初は親友だったのに、対抗意識から敵対して、最後は病に倒れた相手(星野真理)に手を差し伸べて心通い合うことになるエピソードは素直に納得できるかな。

金の亡者だった女郎(井上和香)を、貢いだ揚句すっかんぴんになって袖にされた客が刃物を持って追いかけるシーンでは、吉原の男衆(島田順司ら)は役立たずだと突っ込みを入れちゃったよ。しっかり女郎を守ってこその男衆だろうに。

幼馴染に裏切られて心を凍らせた主人公を見守っていた、絵描きが趣味の外交官(東幹久)がついに彼女を身請けしようと申し込んだら、彼女は断った。えー?そんなことできるのかい、と思いながら見ていたら、彼女は結局買われるのは嫌だ、自力で吉原を出て行きたいと言い、彼は了承した。

おお、すごい覚悟だね、と感動したら、まもなく自分の借金に足してもいいから花魁道中をやりたいと楼主(藤田まこと&白川由美)に申し出るのは理解できなかったよ。だって、そんな借金を背負えば一生廓から出られないとか言うじゃないか。彼女の決心はどうしたんだと思ったね。結局は下火の吉原景気のてこ入れのために吉原全体で費用をもって花魁道中をやろうという話になったんだけどね。これってたまたまじゃん。納得いかない展開。

食べるものから衣装・道具まで自分持ちという、借金が減らないシステムになっているというのに、彼女は最初の話どおりに6年で吉原を出た。その上例の外務省の役人がしっかり待っていてくれて、正式に結婚して娘をもうけている。そんなことが出来たとは浮世離れみたいな不思議感はあるけど、まぁハッピーエンドということで好としましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月27日 (日)

「王朝の恋 伊勢物語」@出光美術館

丸の内に出掛けたついでに出光美術館に行ってきた。「王朝の恋 伊勢物語」絵巻物や屏風絵などがあった。
佳い男の在原業平がどんなふうに描かれているのか興味があったけど、昔の人はそれほど容貌の描写に関心がなかったみたい(^^;)それでも流石に江戸中期くらいからはくっきりとした人物像が描かれていた。いいね。
それにしても自分自身の伊勢物語に関する知識がおぼろげで、教養の低さに愕然としてしまった。勉強が足りぬー!トホホ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

「相棒 - ついている女 & 狙われた女」

先週と今週の水曜日、TV朝日のドラマ「相棒」は前篇「ついている女」、後編「狙われた女」として、前シリーズの時の傑作ドラマの続編を放送しました。

前シリーズの時の「ついていない女」は鈴木杏樹主演で傑作でした。再放送を見て、1時間ドラマだったことに驚いたほど、中味が濃くて2時間ドラマだったと勘違いしていたほどでした。犯人の女性幸子と右京との緊迫を隠した会話で進められ、合間に断片的に入れられる事件の模様と捜査の様子が更に会話の緊迫度を上げていました。

今回は、刑務所を脱獄する台湾人とのハーフの女(春麗)の巻き添えで脱獄することになってしまったと思われた幸子だったが、実は狙われていたのが幸子自身だった。ところがもう一度どんでん返しがあって、春麗に正体を知られた麻薬汚染の警官が春麗を殺す為に幸子も利用していたのだった。

勿論杉下右京と亀山薫の活躍で二人の女性は救われ、悪徳警官は逮捕されるのだが、2時間もかけてあの1時間ものには及ばなかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

「雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまさくら)」@新橋演舞場

観てきました。市川海老蔵の五役。私にとって「海老蔵だから」見に行くと決めた初めての舞台です。

今日は雪の予報がでていたので、目いっぱい着込んで出掛けたけど、積雪どころか降雪すらなかったのはとても有難いことでした。

「今日の舞台は収録するのでご不便をおかけします」というような案内があったので、役者のテンションの高い舞台が見られてラッキーだと期待したのですが、特別な緊張感もかんじられず、何の収録だったんだろうと思っちゃいました。勘三郎と海老蔵の違いかしら。でも、楽しい舞台でした。

「鳴神」はいろんな役者で見たことがあったし、「毛抜き」も昔見た記憶があります。それらを通し狂言で見られるというのが面白かったです。舞台に集中したいからイアフォンガイドは借りませんでした。時々台詞が小さくて聞き取り辛かったり、音曲に負けそうになったりしたけれど、カタログで前もって筋を読んでいたので無理なく楽しめました。

騙されてばかりの鳴神上人は可哀想!粂寺弾正って、案外ひょうきんです。早雲王子の白塗りの悪役ぶりがいいですね。

後半の早雲王子の立ち回りでは、王子の疲れなのか海老蔵の疲れなのかはっきりしなくてハラハラするところもありましたが、アドリブもたっぷりで、海老蔵などが客席に降りてきたりして、正月らしい華やいだ舞台でした。

二階に成田山が祭ってあって、賽銭箱がなかったので、お願い事は無しにして、ご挨拶だけに手を合わせてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

「野田版研辰の討たれ」シネマ歌舞伎

東銀座の東劇まで行って来ました。

この歌舞伎の舞台を撮影した作品は前回の「京鹿子二人道成寺」を見ていたので、見ようかどうしようか迷っていました。そこへ中村勘三郎の挨拶があるというので、エイヤっと出掛けてきました。

まぁ、みんなが汗だくの熱演でした。主役の勘三郎は脱水症状になるのではないかと案じられるくらい汗を流して、口から泡を吹く勢いでした。素晴らしいのは他の有力役者たちまで総てが熱演だったことでしょう。一瞬も気を抜くことなく、ひたすらその役に入り込んでいたことです。視線が泳ぐ人が一人もいないんだものねぇ。

ストーリーは赤穂浪士の討ち入りが話題になる時代、研ぎ師だった辰次(勘三郎)が憧れて侍になったが、命をかけた仇討ちを理解出来ない。生意気を言って侍(三津五郎)に打擲され、腹立ちまぎれにカラクリで驚かしたら、相手が脳卒中で死んでしまい、その息子達(染五郎と勘太郎)に仇と狙われることになってしまう。周囲(福助、扇雀、七之助、獅童など)は無責任に仇討ちを誉めそやし、死にたくないと嘆く砥辰を、高僧(橋之助)の言葉に従って一度は許そうとした息子達も思いなおして研辰を討つ。

息もつかせぬスピードと、技量の高い歌舞伎役者の全力投球でとても質の高い舞台が出来上がったものだと感心しました。でも、私にとって大好きな出し物とは言えません。私はどんなに笑えても「寅さん」は好きじゃないんです(^^;)

命を賭けることの意味を提言していたようだけど、その主張はあまり確定的ではなかったので、お芝居の中に消えて行ったように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

「土スタパ 野村萬斎」@NHK

先日知ったばかりのニュース、NHK木曜時代劇が野村萬斎主演の「鞍馬天狗」というので、ちょっと気恥ずかしいような期待感を持った。

すると今日のNHK土曜スタジオパークにゲスト出演するのが野村萬斎というので、しっかりチャンネルを合わせた。

そういえば鞍馬天狗の映画やTVはずいぶん見てないな。古い映画のリバイバルは見たことある。嵐寛十郎のものも高橋英樹のものも、そう東千代の介のものだって見たことあるんじゃないかな。今この時代に、どのくらい楽しいものを作れるのだろう。期待して待つ。

野村萬斎はよく鍛えられた肉体を持ち、自分の役割を知っている。NHK大河ドラマで初めて見た時はWHO?という感じでびっくりしたけど、その鍛えられた芸の力は素晴らしい。

質問への答えも丁寧で率直だ。ひねったりかわしたりしないので好感がもてた。

鞍馬天狗は・・・あれ?鞍馬天狗と怪傑黒頭巾とはどう違うのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

「おシャシャのシャン」@NHK

NHKの木曜午後8時に現代劇かとびっくりしたけど、単発で、来週から野村萬斎の「怪傑黒頭巾」というので楽しみだ。

で、村歌舞伎の話に本物の歌舞伎役者が出るというのでちょいと見てみた。尾上松也、聞いたことはあるようだけど、どういう役者とは分らなかったのでネットでチェック。父親が亡くなっているから、若いけど一門を率いているんだね。

茶髪で現れた時には『どんな役者だぃ』と思ったけど、声がいいし、ちょいと台詞を言ってみるとやっぱり決まっている。流石だね。

230年続いた村歌舞伎は、戦争中など男手がない時は女が舞台に出て守ってきた伝統があり、毎年土地の店名などをアドリブとして台詞に織り込んで人々の心に馴染んでいた。

途切れたことがない村歌舞伎が弁天小僧を演じる役者(原田芳雄)のぎっくり腰で開催不能になりそうな時、手違いで呼ばれてやってきたのが弁天小僧をお家芸にしている歌舞伎役者の次男坊(尾上松也)。長男ではないためにお家芸でありながら今まで一度も弁天小僧の役をふられてたことがなかった彼には、それなりに屈折した思いがあった。お付の藤村俊二がいかにもありそうな歌舞伎界の付き人風だった。

東京へ一度は出たものの、なすすべもなく故郷へ戻った女性(田畑智子)の奮戦で役者がみごとに村歌舞伎を演じきった話だった。ほのぼの小話みたいなドラマだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

本家HPアドレスを変更しました

「KAYの部屋」という私のHPが更新できなくなったので、Niftyのアドレスに変更しました。これで何かあっても土日や祝日で滞ることがなくなるでしょう。

転居のご案内を古いアドレスにアップすることが出来ませんが、ここに来てくださる方があれば、「マイ本家HP」をクリックして新しいアドレスへアクセスして下さい。

又は http://homepage3.nifty.com/eni/  です。

お手数をかけて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。  m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

「ちりとてちん」@NHK

まぁね、私はお笑い音痴的な面があるからねぇ(^^;)

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」は落語が関連しているのでちょっと見たりしてるけど、あの笑いが分らない。ビデオで前後のニュースなどを録っていて、再生して見ているのだが、ついこのドラマは早回しで流してしまう。ちょっと台詞を聞いてみても笑えないんだよね。大げさ過ぎて照れくさくなるというのかな。

ところが、今日の朝日新聞のコラムでこのドラマを激賞していたのでちょっとびっくりした。人それぞれだとは知ってはいても実際にその場面になると驚くものだ。署名があったのでチェックしてみたら、やっぱり関西人だった。このドラマ、関西ではうけてるのかなぁ。

因みに私は和久井映見、好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ケーブルTV」

昨夜遅くに九州の実家から東京の自宅へ戻ってきた。実家ではケーブルTVと契約していて様々な番組を見ることが出来る。一方、自宅では地上波だけしか見ることが出来ない。

今までは実家で時代劇チャンネルを主に見ていたが、今回他のチャンネルも眺めてみると「かもめ食堂」とか「武士の一分」など、私がDVDレンタルで見たような作品が放映されていた。他にも地上波で見て印象に残った作品もあった。

ケーブルTVを契約したほうがレンタルの手間が要らないのかな。迷っちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

「徳川風雲録 八代将軍吉宗」

お正月恒例の10時間時代劇をちょこちょこ見た。録画して全篇見るというのではないので、しっかり感想を言えるわけじゃないけど、内田朝陽でもったかなと思った。

なんだか説明調で進んでいくので感動的ではなかった。細切れエピソードをナレーションで繋いだ感じかな。

内藤剛志演じる山内伊賀之介が、禁じられた浜で漁をして殺された父親の仇として新之助(内田朝陽)を付け狙い、天一坊事件まで引き起こして吉宗(中村雅俊)となって将軍になっても繰り返し襲うのが違和感があったね。紀州藩に対する恨みなら別の人物に向かうべきじゃないかい?

忠臣蔵なども絡めて描いてあるので、素直に楽しめるはずなのに、平板に思ってしまうのは、充分に配役の感情が描きこまれていないからじゃないかと感じた。柴田錬三郎の原作を読むべきかしら。

天一坊(内田朝陽二役)の父親吉宗への思いだってもっと切なく描いてくれればよかったのに、大岡越前守の天一坊にたいする自害強要だって、越前自身も切腹する覚悟だったとしても、素直に苦渋の選択だったとは見えないから、描き方が足りないと言えるよね。

天一坊が切腹を始める頃に突然一人で馬に乗って大岡屋敷に駆けつけようとする吉宗はおバカに見えてしまったよ。もったいないね。

内田朝陽は充たされてはいないけど心根は素直というキャラクターをうまく演じていて好感が持てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます

2008年明けましておめでとうございます。

今年はどんな年になるでしょう。

最近は余りに暗い年月でした。どこかでは景気が良くて高級マンションが売り切れになるというのに、ワーキング・プアのドキュメンタリは涙なくては見れませんでした。

貧しさが緩和されて、それなりに穏やかに暮らせる世の中であって欲しいと願います。豊かでなくても、心の持ちようで生活を愉しめるくらいの余裕がある生活が保証されるべきだと考えています。

で、私個人としては・・・、例年考えつつも上手く行かないで反省で終わっていることを、今年も再び、三度・・・「流されずに自律的に生きる」ことを目差します。これが私にはとても難しい。今年の暮れに同じ反省をしないで済みますように(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »