« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「ケーブルTV」 »

2008年1月 3日 (木)

「徳川風雲録 八代将軍吉宗」

お正月恒例の10時間時代劇をちょこちょこ見た。録画して全篇見るというのではないので、しっかり感想を言えるわけじゃないけど、内田朝陽でもったかなと思った。

なんだか説明調で進んでいくので感動的ではなかった。細切れエピソードをナレーションで繋いだ感じかな。

内藤剛志演じる山内伊賀之介が、禁じられた浜で漁をして殺された父親の仇として新之助(内田朝陽)を付け狙い、天一坊事件まで引き起こして吉宗(中村雅俊)となって将軍になっても繰り返し襲うのが違和感があったね。紀州藩に対する恨みなら別の人物に向かうべきじゃないかい?

忠臣蔵なども絡めて描いてあるので、素直に楽しめるはずなのに、平板に思ってしまうのは、充分に配役の感情が描きこまれていないからじゃないかと感じた。柴田錬三郎の原作を読むべきかしら。

天一坊(内田朝陽二役)の父親吉宗への思いだってもっと切なく描いてくれればよかったのに、大岡越前守の天一坊にたいする自害強要だって、越前自身も切腹する覚悟だったとしても、素直に苦渋の選択だったとは見えないから、描き方が足りないと言えるよね。

天一坊が切腹を始める頃に突然一人で馬に乗って大岡屋敷に駆けつけようとする吉宗はおバカに見えてしまったよ。もったいないね。

内田朝陽は充たされてはいないけど心根は素直というキャラクターをうまく演じていて好感が持てた。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「ケーブルTV」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/17562453

この記事へのトラックバック一覧です: 「徳川風雲録 八代将軍吉宗」:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「ケーブルTV」 »