« 「吉原炎上」 | トップページ | 「ショコラ Chocolat」@DVD »

2008年2月 1日 (金)

「THE QUEEN」@DVD

友達が「良かったよね」と話していたのでレンタルDVDで見た。

抑えたとても良い作品だった。

ドラマは離婚したダイアナ妃が浮名を流して事故死したところから始まった。女王夫妻はダイアナ妃が最早王室家族ではないことを主張して、王室とは関係のない事柄と見做そうとした。王室があの時国民の感情を読み誤ったのは、おそらくバッキンガム宮殿でなく、はるかに離れた田舎の地にいたからだろう。

意外だったのは離婚の原因を作った身持ちの悪い男としか私には思えなかった皇太子が、情愛のある人だと描かれていたことだ。女王がわざわざ特別機をたてることに渋った時、「未来の王の母親の遺体を引き取るのに特別機を用いてもかまわないのではないか」と説得して、王室機で出掛けた。又、自分が外国で死んだなら、ダイアナは子供たちを連れて駆けつけてくれただろうと語るところなど、人間味のある人に思えた。

とても面白かったのはブレア首相だ。王室に対して辛らつな意見を持つ妻の辛口批判にもめげず、新任の若き首相は、女王の尊厳と国と王室を愛する心に共感してゆく。

支える侍従や首相達に後押しされて女王はバッキンガム宮殿に戻ってきて、国民の心を理解した。感動的だったよ。

以前、昭和天皇を描いた「太陽」という映画を見たことがある。王室・皇室を守るという彼らの義務感って、健気でもあるね。

|

« 「吉原炎上」 | トップページ | 「ショコラ Chocolat」@DVD »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/17919254

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE QUEEN」@DVD:

« 「吉原炎上」 | トップページ | 「ショコラ Chocolat」@DVD »