« 「ブルーマンショーBLUEMAN」 | トップページ | 「ロス:タイム:ライフ」@フジTV »

2008年2月21日 (木)

「文楽 冥途の飛脚」@国立小劇場

久しぶりの文楽観劇。午前の部、午後の部、夜の部と三部構成なのだが、今回は午前の部のみを見た。通し狂言ではないので、好きな「冥途の飛脚」を選んだのだが、結果はちょっと申し訳ない次第になった(^^;)

元気いっぱいで観劇を始めたのに、なんとすぐに瞼が重くなって、どんなにがんばってもすぐ夢の世界へ入ってしまう。

いつもならはっきり聴き取れる義太夫が聞き取れないことが多くて、最初は、義太夫に問題があるのか、人形遣いが第一線じゃないから乗れないのかしらとか不遜なことを考えながら眠気と戦っていた。

ショックだったのは、一番の見所「封印切り」の場面をトロトロしていて、封印を切ったところでハッと気付いた。信じられないよ。普通なら切るぞ、切るぞとお芝居にのめりこむところだよ。それに、いつもならトロトロと眠くなることがあってもそれは一回だけで、あとはすっきり舞台を楽しめるというのに、今日はず~っと眠かった。

身勝手な私は、原因を舞台側に求めようとしたけれど、帰りの電車の中でも眠くなっちゃって、もしかすると私の所為?帰省から戻って3日目、気が緩んだのかしら(^^;)

今日は春本番みたいに暖かい日和だった。

で、「冥途の飛脚」なんだけど、飛脚屋の忠兵衛が遊女梅川に惚れて預かり金の封印を切ってしまい、もはやこれまでと二人で心中の道行きをするという話だ。以前にも何度か見ているが、「恋飛脚大和往来」という改作物も見ていて、どちらがどうと区別がつかない私ではある(^^;)

|

« 「ブルーマンショーBLUEMAN」 | トップページ | 「ロス:タイム:ライフ」@フジTV »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/40209028

この記事へのトラックバック一覧です: 「文楽 冥途の飛脚」@国立小劇場:

« 「ブルーマンショーBLUEMAN」 | トップページ | 「ロス:タイム:ライフ」@フジTV »