« 「幻十郎必殺剣」@テレビ東京 | トップページ | 「ベガーズ・オペラ」@日生劇場 »

2008年3月18日 (火)

「ドクター・フー(DOCTOR WHO)」@NHK

先週の火曜日に「ドクター・フー」というBBC製作のドラマが終わった。実際は又別のステージとして続いていく感じだったけど、NHK教育の放送としては終わり。

最初から見ていたわけではない。新聞で案内を読んで見てみたら、はまってしまった。「ドクター」という宇宙人が時空を超えて旅している。他の宇宙人などの襲撃から地球を守ってくれたりしている。

どうやら昔の日本にも来たらしいのだが、その回は見てなくてとても残念だ。

調べてみると、なんとBBCでは1960年代に始まって、私が見たドクターは9代目と10代目だそうだ。すごい長寿番組だね。容姿は地球人と同じだが、体力が落ちてくると、記憶は保ったまま全く別の容姿に生まれ変わる。それで900歳くらいだというから不死身だね。

9代目のChristopher Ecclestonはちょっと感情が動かないメカっぽさがあって、いかにも宇宙人っぽかった。生まれ変わった10代目のDavid Tennantはルッキングは悪くないんだけどそのギャアギャアとわめくタイプの喋り方が、ちょっと知的と言い辛い感じだった。

他の宇宙人というか、生物が様々な形態なのは、日本の怪獣物みたいでほほえましかった。昔からのシリーズを通して見てみたいものだと思う。

今回の最終回、パラレルワールドがあって、その間の無尽空間ヴォイドに破壊者達を閉じ込めるというやり方は、先日Lisa Randall博士の5次元理論じゃないかとワクワクしちゃったよ。ゴジラの発生にも通じるね。

|

« 「幻十郎必殺剣」@テレビ東京 | トップページ | 「ベガーズ・オペラ」@日生劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/40551067

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドクター・フー(DOCTOR WHO)」@NHK:

« 「幻十郎必殺剣」@テレビ東京 | トップページ | 「ベガーズ・オペラ」@日生劇場 »