« 「オトコマエ!」@NHK土曜時代劇 | トップページ | 映画「日本沈没」@TBSテレビ »

2008年4月14日 (月)

「アンフェア The Movie」@フジテレビ

録画していた昨日のTVを見た。TVでドラマが流れていた頃は全然見ていないけど、映画が作られた時、篠原涼子のアクションはちょっと見てみたいなと思っていた。

雪平警部補(篠原涼子)はハードボイルドな女刑事らしいね。でも、かっこいいアクションで始まったみたいなんだけど、最初の公安管理官斉木(江口洋介)との船の手入れで、外国人船員が斉木に走り寄って拳銃をつきつけるところは動きが鈍くて何で拉致されるかなと思ったら、これまた頭に銃口を当てない素人みたいな不自然さで、銃を持ったままだった斉木刑事に足を撃たれてしまう。江口洋介をかっこよく見せたかったのかもしれないけど、冴えない。

雪平警部補の自宅の場面で、えっ?幼い娘が車で爆破される?のっけから緊迫、でも、娘は軽傷で助かっちゃう。この描き方ではちょいと弱いな。ベビーシッターは犠牲になっても娘が軽傷で免れるには母親にバースデーカードを渡したかったというのでは足りないね。だって、その後に彼女も同乗する予定だったんだもの。有能な刑事のはずの彼女が、娘を抱きかかえて「救急車!」と叫ぶだけというのもいただけないと感じた。

娘が収容された豊洲警察病院がテロリストに占拠される。対テロ責任者になる山路管理官(寺島進)がかっこいい。大杉漣の入江警察庁次長、身勝手で憎憎しげでうまいね。加藤雅也の三上検視官の軽妙さも好ましかった。

その警察病院は非常時に本部に出来る装備をした要塞だった。そこには警察庁長官が検査入院していた。

SAT隊突入を警視総監が命じるんだけど、第一次SAT隊はあっというまに相手に制圧されてしまう。不思議なくらいドジな動きで呆れて見てたら、全員相手方だった。えー、そんなのー!と驚くよりちょっと乗れない気分になる。

雪平が一人残された娘の為に一人建物に潜入しようとし、三上が彼女を追って行く。SATはあれほど簡単に倒されたのに、雪平は三上の助けでしっかり娘のところまで辿り着いちゃうのがチグハグな気がする。彼女と作戦本部との通信がテロリストに傍受されないのも不思議。

テロリスト後藤(椎名桔平)は次長の不正を告発しようとして却って逮捕されて8年も入獄させられていた警察の元教官だった。復讐のために長官を人質に警察の裏金80億円を要求して入れられないと知ると、長官を射殺して、バイオテロに切り替える。

豊洲警察病院には黒色潰疽菌(こくしょくかいそきん)が保管されていて、それはテロリストに奪取されていたのだが、またまたドラマを面白くするためか、一人(成宮貴人)はドジにもその菌のケースを一本落として割ってしまい、その上防護服を不注意で破いて感染してしまう。雪平の娘に感染させて結局は死んでしまうのだが、どうもここらへんは作り物っぽくていけない。

このあとはよく分からなくなってしまった。テロが失敗して、娘も雪平も抗血清が間に合って命が助かるし、テロリストは死んでしまうんだけど、後藤の復讐にあれだけのSAT隊員が動いたことや、山路の恋人だったらしい女性の仲間のテロリストに対する裏切りとか、分からないことばかり。斉木が警視庁の裏金を調べていた時恋人を爆死させられていたというが、テロリストの女性にデータを盗ませて、入手したあと彼女も後藤も射殺するのも理解出来ない。どういう人間達なんだ。

後藤をあれほどあっさり射殺した斉木は、何発撃っても雪平に当たらない。何で?更に、斉木は狙撃されて死んでしまうが、その時斉木の手からデータファイルが雪平の手に渡される。ライフルで狙うくらいなら、それは全部見えているはずなのに雪平は撃たれない。何で?

テレビの放送を見ていれば関係や主張がもう少し分かったのかもしれないのかな。この作品だけでは良く理解出来なかった。

|

« 「オトコマエ!」@NHK土曜時代劇 | トップページ | 映画「日本沈没」@TBSテレビ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/40874589

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンフェア The Movie」@フジテレビ:

» ジュディの日暮し日記(健康、病気、医療、音楽(平原綾香)、リウマチ) [ジュディの日暮し日記]
健康、病気、医療、音楽(平原綾香)、般若心経、等日ごろ思ったこと、実際にあったことを、綴ります。 [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 12時46分

« 「オトコマエ!」@NHK土曜時代劇 | トップページ | 映画「日本沈没」@TBSテレビ »