« 「相棒」MOVIE版 | トップページ | 「ミディアム - 霊能捜査官アリソンデュボア」 »

2008年6月 1日 (日)

「息子の部屋」@DVD

Tsutayaがお誕生月半額レンタルをオファーしてくれたので、借りてきた。最近イタリア語のブラッシュアップにイタリア映画を一枚は入れるようにしていて、今回はこの作品を借りた。

もろ、ネタバレです。

開業医である精神科医師の家族、働く妻と高校生の息子と娘。ある日突然息子が海の事故で死んでしまう。家族の悲しみは深いが、特に父親の苦しみが描かれる。

日曜日に往診を依頼されたため結果として息子が友達と海へ行くことになったので、その患者に対して平静でいられなくなる医師。他の患者についても、他者の苦悩を聴き取る忍耐力が減退してきたのを実感し、ついには医院の閉鎖を決めてしまう。

傷の癒えない家族。娘もスポーツでラフプレイをして出場停止をくらったりする。そこへ亡き息子宛に女の子から手紙が届く。息子に親が知らない恋の相手がいたのかと驚きつつも喜び、しかし溢れる思いに冷静に女の子に接することが出来ない医師とその妻。

突然やってきたその彼女は、息子がキャンプで知り合ったペンフレンドだった。彼氏と一緒にフランスへのヒッチハイク旅行に行くところだという。予想とは異なった結果だったが、若い男女をフランス国境まで送った朝、家族は悲しみを乗り越える最初の一歩を踏み出したように見えた。

内容を知らずに借りたDVDだったが、最近、私のクラスメートが息子を海で亡くしたと聞いたばかりなので、この内容はかなり重かった。友達の苦しみはきっと私の想像を超えているだろう。

イタリア語の会話は、監督インタビュー映像もあったし、充分聴き応えがある作品だった。

|

« 「相棒」MOVIE版 | トップページ | 「ミディアム - 霊能捜査官アリソンデュボア」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/41398025

この記事へのトラックバック一覧です: 「息子の部屋」@DVD:

« 「相棒」MOVIE版 | トップページ | 「ミディアム - 霊能捜査官アリソンデュボア」 »