« 浮世絵ベルギーロイヤルコレクション@太田記念美術館 | トップページ | 日曜洋画劇場特別企画「柳生一族の陰謀」@TV朝日 »

2008年9月29日 (月)

小米朝ファイナル@柳家花緑と桂小米朝二人会

池袋サンシャイン劇場へ行ってきた。開演30分前というのに仲々入場出来ないなと思っていたら、なんと昼間は「罠」という池端慎之介(ピーター)と杜けあきの舞台が寸前まで上演されていたんだって。舞台装置はそのままに、客席近くに黒幕を引き、金屏風と演台がつくられていました。二人の話(前振りやトーク)にも「罠」のことなども多く語られた。

私は小米朝も花緑も落語を聴くのは初めて。楽しかった。

言語に関心のある私としては東西の際立った喋りの違いを聴けると思っていたのだが、案外と差異が少ないと感じた。帯の結び方も似てたし・・・。(って、現代では同じなのかな)

けだし小米朝は流石だった。一語一語が鮮明に耳に入る。大阪弁としてもしつこくないので、関東のお客にも違和感がないのではないかと感じた。花緑はちょっと不鮮明な語尾があった。話が通じないほどのものではないけど、それでも美的には瑕疵と言えるかな。

東京で小米朝として語るのは最後だったそうで、来月からは米團治になる。父親の桂米朝はTVで馴染みがあるが、小米朝は上品な面立ちは似ていても、あのゆったりとした懐の深さとは味わいが異なって、もっと直線的だ。落語家としての若さなのか、それとも彼の持ち味なのか。歌舞伎の梅玉のような雰囲気で、宗右衛門町に繰り出したボンボンの勘当息子はぴったりだった。これから大きく開花するところに巡り会えたのかもしれないと幸運に感じた。

花緑には、もっと江戸の勢いを期待したいな。一々考えて頭から口へ言葉が動くのが見える感じだった。彼は小米朝よりずっと若いようだ。NHKの『知るを楽しむ』でよく見かけていたが、お芝居も随分経験があるそうで、意外だった。

歌舞伎だけでなく、芸能のいろんな部門で親と同じ道を歩く子が近年多く見られるが、ある意味当然の流れでもあるかな。

桂米朝の息子である小米朝と、柳家小さんの孫の花緑だったので、やはり世襲的なことについて言及があった。

花緑が、落語は歌舞伎と違って本人のやる気と才能次第なのだという説明をしていたが、やはり自らを振り返って、幼い頃から周りに環境が整っていたので・・・と認めていた。

|

« 浮世絵ベルギーロイヤルコレクション@太田記念美術館 | トップページ | 日曜洋画劇場特別企画「柳生一族の陰謀」@TV朝日 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/42632050

この記事へのトラックバック一覧です: 小米朝ファイナル@柳家花緑と桂小米朝二人会:

« 浮世絵ベルギーロイヤルコレクション@太田記念美術館 | トップページ | 日曜洋画劇場特別企画「柳生一族の陰謀」@TV朝日 »