« 小米朝ファイナル@柳家花緑と桂小米朝二人会 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵@平成中村座 »

2008年10月 4日 (土)

日曜洋画劇場特別企画「柳生一族の陰謀」@TV朝日

柳生十兵衛を上川隆也、柳生但馬守を松方弘樹を演じた時代劇。このタイトルだと以前萬屋錦之介の但馬守で見たことがあった。

まず最初の印象は「上川隆也が若い!」だった。昔の作品の再放送じゃないのだから、俳優って年をとらないねぇ。だからこそ、俳優が年取って面変わりするとショックを受けるほどだよ。

徳川三代将軍を家光にして幕府体制を固め、自らの一族の力を確実にしたいと考えた柳生宗矩は、忠長を継がせようとする二代将軍秀忠を毒殺した春日野局たちと共に家光と対立する勢力を暗殺してゆく。

十兵衛は一途で、公に認めてもらえると信じて宗矩の為に働いていた根来衆が、宗矩の保身の為に皆殺しにされたことに怒り、江戸城で家光の首を落とす。

ここで有名な「総ては夢じゃ、夢でござる~」という台詞になる。そして私の軽い失望感。前回の時もそうなんだけど、やっぱり歴史にないことが起きてしまうとしらけちゃう。楽しめない私が悪いのかなぁ。

あと寺島進が出ていた。

|

« 小米朝ファイナル@柳家花緑と桂小米朝二人会 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵@平成中村座 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/42680952

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜洋画劇場特別企画「柳生一族の陰謀」@TV朝日:

« 小米朝ファイナル@柳家花緑と桂小米朝二人会 | トップページ | 仮名手本忠臣蔵@平成中村座 »