« 「相棒」Season7最終回SP | トップページ | 「絶対彼氏 最終章スペシャル」@フジTV »

2009年3月23日 (月)

「江戸里神楽」を観る

品川区の案内に「六行会ホール」で無料で江戸里神楽を見られるとあったので、九州から戻った翌日だったけど出掛けてきた。

神楽というと、私のイメージとしては、普通は一般人が祭りの時などに行うものなので、素人芝居くらいのレベルだろうということだった。

ところが、舞台が始まってすぐに驚かされた。動きの完成度が高いのだ。面をつけて鏡獅子のような衣装で、足の運びは能みたい、侍者は狂言のような軽さだ。実際それらの影響を受けて続いてきたものらしい。

パントマイムみたいな動きで台詞のない芝居だが、開幕前にほんの2-3の仕草の意味を教えてもらっただけで、ストーリーの流れにちゃんとついていける。

日本武尊命の面がキリリとした白い面で胸をときめかせるほどだ。通し狂言ではないが、焼津の野火やら伊吹山など、総てに日本武尊命が出てくるストーリーだった。

この六行会というのも、地元の6つの町が江戸時代に不作の時でも納税をこなせるように、一緒になって積み立て金をなしていた名残だという。品川の宿の古さをあらためて感じた。

|

« 「相棒」Season7最終回SP | トップページ | 「絶対彼氏 最終章スペシャル」@フジTV »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/44443316

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸里神楽」を観る:

« 「相棒」Season7最終回SP | トップページ | 「絶対彼氏 最終章スペシャル」@フジTV »