« 映画「島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』」 | トップページ | 五月大歌舞伎「鬼平犯科帳」&「お染の七役」@新橋演舞場 »

2009年5月11日 (月)

「のうのう講座 - 世阿弥の作った恋慕の能」@矢来能楽堂

今月ものうのう講座に行ってみた。法政大学能楽研究所の山中教授の講義。今回もとても興味深かった。

「花筐(はながたみ)」を中心に、他の演目を数々比較しながら、解説してくれた。ずっと能を見慣れている人や、実際に自分で謡をやっている人などを対象に話しているようで、私のような全くの素人はどれもこれも耳新しくて楽しかった。

天皇役は子方が演じるとは初めて知った。「物狂い」も狂うというより舞うに近いとか。

この物語は継体天皇が都に召された時、花筐と手紙とともに大津に残された女性が、天皇を恋うて都へ追って行く話しだそうだ。能には子供でも恋人でも求め歩くというストーリーはあるよね。

もっともっと能について知りたいと思った。もっともっと世阿弥について知りたいと思った。

|

« 映画「島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』」 | トップページ | 五月大歌舞伎「鬼平犯科帳」&「お染の七役」@新橋演舞場 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/44974920

この記事へのトラックバック一覧です: 「のうのう講座 - 世阿弥の作った恋慕の能」@矢来能楽堂:

« 映画「島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』」 | トップページ | 五月大歌舞伎「鬼平犯科帳」&「お染の七役」@新橋演舞場 »