« さまざまな「御宿かわせみ」と「用心棒日月抄」 | トップページ | 「ド・ラ・キ・ュ・ラ」@テアトル・エコー »

2009年6月28日 (日)

必殺仕事人2009

新しい方向を探る「必殺シリーズ」が終わった。昔、必殺シリーズは好きでよく見ていた。村上弘明や、三田村邦彦、中条きよしなど、今で言うイケメンとかビジュアル系という人が好きで見ていたように思う。だから、今回の東山紀之や福士誠治に惹かれて見ていた。でも、なにか違うなという感じがしていた。

時代なのだろうか。それとも私という人間が変わったのだろうか。

最近CSで再放送される昔の「必殺」を見ていて、虐げられ、恨みを残して殺される人々を見たくないと思っている自分がいる。その理不尽な悲劇がなければ「金を貰って殺しを引き受ける」という行為の存在意義が成り立たない。それなのに、そんな悲劇を見たくないのだ。多分、恨みをはらすという方向でなく、生きている間にその理不尽を解消させてやって欲しいと思っているんだね。

和久井映見や中越典子というお気に入り女優陣もいて、『このごろ福士誠治の出番が少ないな』とか思いながらも最終回を迎えて、多分作り手側も完全燃焼できていないのではないだろうかと思った。

私は松岡昌宏や大倉忠義とかに関心ないから、作り手側の意図とすれ違っているかもしれない。今回は適当な短さで終了して適当だったという感じだ。田中聖ってちょっと良かったね。

中村主水は脇になっても存在意味はあったと思う。他にも脇の悪役に芸達者をもってきていたけど、藤田まことがいることが、この番組をしっかり落ち着かせていたと思う。

主な人物は生き延びたみたい。またシリーズは続くのかな。続けば見ると思うけど、もう福士誠治はいないんだね。それは寂しいな。

|

« さまざまな「御宿かわせみ」と「用心棒日月抄」 | トップページ | 「ド・ラ・キ・ュ・ラ」@テアトル・エコー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/45478092

この記事へのトラックバック一覧です: 必殺仕事人2009:

» 松岡昌宏 必殺仕事人2009 ドラマ [必殺仕事人2009]
鏡花水月[テレビ朝日]必殺仕事人2009 2009/06/26(金)21:00放送 「鏡花水月」の情報価格:1000円アーティスト:The SHIGOTONIN レーベル:ジャニーズエンタテインメント情報タイプ:BGM,テロップ,テーマソング「必殺仕事人2009(テレビ朝日)」の情報▼出演者レギュラー出演:東山紀之(少年隊),松岡昌宏(TOKIO), ...(続きを読む) 必殺仕事人2009 必殺仕事人2009-4 必殺仕事人2009-5 テレビ朝日系人気時代劇“必殺”シリーズの第31弾。 南... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 03時14分

« さまざまな「御宿かわせみ」と「用心棒日月抄」 | トップページ | 「ド・ラ・キ・ュ・ラ」@テアトル・エコー »