« 「辻村寿三郎展」@目黒雅叙園百段階段 | トップページ | 鬼平犯科帳再放送 »

2009年8月16日 (日)

映画「HACHI」吹替え版

忠犬ハチ公の映画をハリウッドがリメイクした作品の吹替版を見た。母と一緒だったから吹替でもよかったんだけど、不思議なのは原語の上映回が全然ないみたいだったこと。夏休みの子供用なのかな。

まぁ、秋田犬の可愛いこと。気高いこと。視線が相手を追うのを見ていると、犬が意思をもって対象を愛しているみたいだ。

昔仲代達矢が演じた大学教授をリチャード・ギアが演じている。声はずいぶんと低いクールな喋り方だなと思ったら、北大路欣也だった。

教授の出勤の時、駅まで見送り、夕方駅まで迎えに出るHACHI。教授とHACHIは仲間になった。その時、教授の娘に子供が出来て、教授の関心がHACHIから逸れたのを感じ取ったHACHIの視線が恨めしそうに見えるのは感動的だね。

翌日、まとわりつくHACHIを残して出掛けた教授は突然倒れて帰らぬ人となる。彼の不在を認識できないHACHIは毎日彼を駅で待つ。娘夫婦に連れられて別の町に住むことになっても抜け出て、駅に出迎えようと戻ってくる。

野良犬となっても毎夕駅に現れて指定席となった花壇にすくっと胸を張って教授を待つHACHI。十年以上が経ち、雪の中で老いたHACHIは静かに目を閉じる。

よく知ったストーリーで、特にドラマチックでもないのに、涙はたっぷり流れた。

|

« 「辻村寿三郎展」@目黒雅叙園百段階段 | トップページ | 鬼平犯科帳再放送 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/45939544

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「HACHI」吹替え版:

« 「辻村寿三郎展」@目黒雅叙園百段階段 | トップページ | 鬼平犯科帳再放送 »