« 映画「BALLAD」バラッド名もなき恋の歌 | トップページ | 文楽「伊賀越道中双六」@国立劇場 »

2009年9月 7日 (月)

建築家 坂倉準三展@パナソニック電工汐留ミュージアム

友達の親戚の建築家だからとお招きを受けて出掛けてきた。

昭和の初めにフランス留学ってすごいな、なんて考えていたら、ル・コルビュジェというモダニズムの建築家に学んで、パリ万博の日本館で賞をとったという。

「モダニズムを住む」というサブタイトルだったが、戦前戦後のあたりというのに、本当に今に通じる近代性がある住空間が展示されていた。素敵だと思ったのは、鉄筋の建物なのに、日本の里山や庭木との調和が図られていることだ。モダニズムの中に日本らしさが息づいているのが爽やかだった。

|

« 映画「BALLAD」バラッド名もなき恋の歌 | トップページ | 文楽「伊賀越道中双六」@国立劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/46145404

この記事へのトラックバック一覧です: 建築家 坂倉準三展@パナソニック電工汐留ミュージアム:

« 映画「BALLAD」バラッド名もなき恋の歌 | トップページ | 文楽「伊賀越道中双六」@国立劇場 »