« 歌舞伎座さよなら公演「吉例顔見世大歌舞伎通し狂言仮名手本忠臣蔵」 | トップページ | 「僕のピアノコンチェルト」-Vitus »

2009年11月14日 (土)

「クレヨンしんちゃん アッパレ戦国大合戦」@DVD

もう昔といえるかもしれない。時代劇チャットをしていた頃、「クレヨンしんちゃん」の映画で、時代劇版が面白いと聞いた。 それ以来何年になるんだろう。TV放映も見逃して、実写版映画の話題を聞いた時も、実写版はいいからアニメが見たいと思っていた。そして、ついにレンタルしてきた!

いろいろな人が、「大人の鑑賞に堪える時代劇アニメ」と言われていたが、私の感想も「納得」だった。

タイムスリップに夢がある。単純に戦国時代へ行く。しんちゃんの家族みんなが美しいお姫様の夢を見るところから始まる。その姫の強い思いがしんちゃんたちを引き寄せたというのは素敵だね。

姫を心の中で愛している武者は、身分違いのために秘めている。姫も慕っていて、政略結婚したくないと思っている。武者は鉄砲の弾に当たって死ぬ運命だったが、姫の願いが呼び寄せたしんちゃんの登場で一時命を拾い、しんちゃん一家の活躍でお城の安泰と、姫の気持ちを確認したところで死んでいく。役目を終えた一家は再び自らの時代へ戻っていく。

合戦の様子は詳細に描かれており、私の苦手なギャグも幼稚園児のしんちゃんの行為だけなので、それほど目障りにはならない。姫と武者の愛、春日という土地を愛する人々の思い、平和への望みなどもじっくり描かれていて、重厚さを添えている。確かにレンタルしてまで見る価値はある作品だった。

実写版?見る気にはなれないな。

|

« 歌舞伎座さよなら公演「吉例顔見世大歌舞伎通し狂言仮名手本忠臣蔵」 | トップページ | 「僕のピアノコンチェルト」-Vitus »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212566/46755945

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレヨンしんちゃん アッパレ戦国大合戦」@DVD:

« 歌舞伎座さよなら公演「吉例顔見世大歌舞伎通し狂言仮名手本忠臣蔵」 | トップページ | 「僕のピアノコンチェルト」-Vitus »