« 最近の「ためしてガッテン」@NHK | トップページ | 「旗本がみた忠臣蔵」@江戸東京博物館 »

2010年2月 1日 (月)

「女刑事音道貴子 凍える牙」@TV朝日

仲々楽しい作品だった。一人で大型オートバイを操る女性のツーリングにあわせて流れるプレスリーの"Are you lonesome tonight"。そこへ発生するレストランでの人身火災事件。やっぱりテレ朝だねと思った。他チャンネル二つのドラマと掛け持ちで見るつもりだったけど、即、他の番組は蹴飛ばした。面白さの度合いが違うよ。

<ネタバレ>です。

警視庁刑事部機動捜査隊の音道貴子巡査を演じた木村佳乃って、「相棒」の国会議員で決まっていたけど、今回の辛抱強いバツ一女刑事もぴったりだ。好い女優だね。

乃南アサの直木賞受賞作品が原作だそうだ。この作家の名前は新聞で見ているが、作品を読んだことはなかった。骨太な作品だね。

発火ベルトで焼死した男の大腿部に大型犬に咬まれた痕があった。その後男と女が狼犬にかみ殺される事件が続いた。立川署の女嫌いの中年刑事滝沢(橋爪功)と組んだ音道は、滝沢に憤懣をぶちかまされても冷静に対応し、狼犬を追う。やがて元警察鑑識に勤めていた高木(内藤剛志)が狼犬を訓練していたことが判明し、高木の娘が11年前に襲われた事件に、現在の被害者が関連していたことがわかった。

警視庁捜査一課の刑事だったころ、滝沢は仕事ばかりで家族を顧みず、妻は若い男と駆け落ちして離婚、ひきとった一人娘が非行で補導された時、捜査一課からはずれて娘を更生させた過去があった。彼は娘の復讐のために親子のような絆をもった狼犬を使う高木の心を理解した。

その高木の家が放火され、高木は入院、娘は焼死した。犯人は意外な人物だった。

狼犬の人間の心を慮ったような行動は感動的だ。放火犯を追い詰め、ついに喉笛を噛み切った。機動捜査隊でトカゲと呼ばれるバイク追跡を行なう音道は狼犬を追って山道を疾走する。狼犬は捕獲された後、食を断って昂然として死んでいった。

娘を失い、高木は自殺した。

見応えのある作品だった。勿論もっとなんとかという希望はあるよ。狼犬の凄さが映像的に充分描ききれなかった。高木は娘が回復期にあるのに、何故殺人なんて出来たのか。狼犬にそれほどの愛情を注いで、殺人をさせるなんて、本当に愛情といえるのか、などなど。でも、まぁエンターテインメントですからね。

|

« 最近の「ためしてガッテン」@NHK | トップページ | 「旗本がみた忠臣蔵」@江戸東京博物館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の「ためしてガッテン」@NHK | トップページ | 「旗本がみた忠臣蔵」@江戸東京博物館 »