« カレル・チャペック原作「白い病気」@テアトル・エコー | トップページ | 「パディントン駅発4時50分(4:50 from Paddington)」@アガサ・クリスティ »

2010年4月30日 (金)

「大仏開眼」@NHK

今月初めに放送されたドラマ。感想を書きたいと思いつつ、今日になった。それほど感動は強くなかったということかな。でも、メモっておきたいかな。

1258年前の天平時代、あいつぐ天災に悩まされていた奈良の朝廷は、大国唐に遣唐使を送った。下道真備(しもつみちのまきび - 後の吉備真備)と遣唐学問僧の玄昉(げんぼう)が船で帰国する時から始まる。

平城京は聖武天皇の妻、光明皇后をはさんで、父違いの兄の葛城王(後の橘諸兄もろえ)と父方の甥の藤原仲麻呂が対立していた。

出世欲の塊の玄昉は天皇の母や東宮の安倍宮に近づき、大仏を作ろうとする。真備は対立するどちらの勢力にも属そうとはせず、疫病で弱体化した藤原一族は叛乱を起こした。その頃行基は民衆のために働いていた。

天皇近くに仕えるようになっていた真備は、遷都を勧め乱を避けようとする。大仏を作って世を鎮めるとする考えには組しなかった。

真備が仲麻呂に毅然と抗して、藤原氏が平和的に天皇を佐けるべきと説くところが前編のクライマックスだっただろう。吉岡秀隆はとても上手い役者だけれど、適役とは言い難い。

恭仁京(くにきょう)に移しても世は鎮まらず、天皇は行基に大仏を民のために作りたいと願う。世が鎮まらない今、大仏を作る資力はないと言う真備に、行基は民の心が求めれば為ると応える。

大仏建立のために藤原一族と手を結ぼうとする玄昉は、藤原の血を引かない安積宮(あさかのみや)に毒をもって殺害に手を貸す。一気に武力に訴えようとする藤原仲麻呂に対し、真備は、藤原勢力の平城京へ都を戻すことを示して矛を収めさせた。玄昉は九州に流されて命を落とした。

玄昉と行基は大仏に一番近い存在である真備に大仏を見届けて欲しいと語り合ったと言う。玄昉は道を誤って初めて大仏に近い存在となったと行基は語った。真備はその心を解さない。

平城京に戻って大仏建立を進める藤原氏は、真備を邪魔に思い、大義名分をつけてふたたび唐へと遠ざける。

天平勝宝元年、孝謙天皇が即位し、顔の部分だけしか金粉を貼られていない大仏の開眼式が行なわれたが、光明皇后と藤原仲麻呂によって政治は牛耳られた。

六年後、唐から戻った真備は仲麻呂の下へ向かうが、大宰府に飛ばされる。

藤原の後ろ盾であった光明皇后が亡くなると、元孝謙天皇は再び皇位に戻り、真備を呼び戻した。藤原との戦が起きた。真備は「一度だけ」と大仏に祈って、仲麻呂と戦う。敗れた仲麻呂は、死の間際に、真備に向かって「汝れが友であれば勝てたのに」と言い残す。「誰が政治をやっても大仏には叶わない。汝れがやってみろ」

その後二代の天皇に仕え、現代に至る政治の礎を造った真備は81歳の天寿を全うしたが、その間に大きな戦は起きなかったとナレーションが伝えた。

作・池端俊策

描かれた通りの人物ならば、吉備真備は相当魅力的な人物のはずが、どうにも感動しない。配役の失敗じゃないかしら。

|

« カレル・チャペック原作「白い病気」@テアトル・エコー | トップページ | 「パディントン駅発4時50分(4:50 from Paddington)」@アガサ・クリスティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレル・チャペック原作「白い病気」@テアトル・エコー | トップページ | 「パディントン駅発4時50分(4:50 from Paddington)」@アガサ・クリスティ »