« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

映画「トロッコ」@銀座シネスイッチ

芥川龍之介の作品がベースというが、私は若い頃に読んだはずなのに全く記憶になかった。ネットで読み直して、イタリア映画のような懐かしさを覚えた。今では物書きになった男の思い出ってイタリア映画によくある気がする。

もうひとつ、両親と祖父母達が台湾からの引き上げなので、わが家ではそこはかとなく台湾への郷愁のようなものがある。この映画が台湾を舞台にしたというので見に行ってみた。

まぁ、トロッコと8歳くらいの少年という以外は、芥川の作品とは別物だね。

尾野真千子が母親。二人の小学生の子供を残して台湾人の夫が亡くなった。遺骨を持って、初めて台湾華蓮の夫の実家へ子供を連れて訪れる。トラベルライターとして仕事をしながら子育てをしている若い母親は喪失感と苛立ちで気持ちが追い込まれていた。

夫の父親は、日本人として育ち、兵士として入隊したのに、日本は敗戦と同時に彼らを見捨ててしまったと感じている。日本への懐かしい思いと恨めしさ、長男が日本に留学し、日本人と結婚したことを喜んでいたのに、早々と死んでしまった悲しみを抱えていた。

次男は台北に住み、年老いた父親と身体の弱い母親の面倒を見たいと思っているが、妻と心が行き違っている。

少年は祖父の家で父親やその父親である祖父、叔父などの家族を知り、村の子ども達や寺など暮らしを知る。そして、トロッコ。日本時代に工事現場と繋いでいたトロッコは、今も山中で育てた木の苗運搬に用いられていた。

少年は弟と一緒に手伝ってトロッコを押す。押したり乗ったりしながら山の中へ。原作のように「帰っていいよ」と言われた訳じゃない。そのうち送っていくと言われたのに、もう帰ると走り出した弟を追って少年も駆け出す。道に迷うことはないよね。トロッコの線路を辿っていけばいいのだから。しかし、ずいぶん遠くへ来てしまっていた。

もう歩けないと泣く弟を宥め、鼻緒が切れた弟のサンダルの代わりに自分のサンダルを履かせて、自分は裸足で歩く。一方母親もいなくなった子ども達を捜して右往左往だが、家族が義母のために病院へ行っているため、他の人々と一緒に探すなどというエピソードはまるでない。只管探し回って途方にくれるだけ。

日暮れて戸口に灯りが灯る頃、二人の幼い兄弟はやっと家へ帰り着く。母親へ駆け寄る弟。しっかり抱きかかえる母親。つい上の息子にきつい言葉が出る。「ボクは要らないの」という8歳の少年の言葉が切ない。義母に母親の辛さが息子に負担をかけていると諭され、優しい言葉に癒されていた母親は、二人の息子を両手にしっかり抱きしめる。

老いた義父母と一緒に暮らそうという彼女の申し出を、義父母は優しく断った。日本へ戻って我々の孫を育ててくれという言葉には、無理をしないでゆったり暮らすことの大切さを示しているのだね。

特に大きなドラマもなく、見る人それぞれの想いで鑑賞する映画と言えるだろう。子育て中の疲れた母親、幼い頃を懐かしむ大人、老いた人々にもそれぞれ家族に対する思いがあるのだ。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

日本語と翻訳「マクベス朗読と解説」@国立国会図書館

友人がスペイン語の小説の原作と翻訳の比較をやっていて、その話題でメールのやりとりをしていた頃見つけたこの朗読会に先週行ってきた。国会図書館って、ずっと関心はあったけど、行くのは初めてだった。

上智大学の小林章夫教授の作品解説があった。シェイクスピアはグローブ座の座付き脚本家だった。ふむふむ、近松門左衛門みたいやな。当時、女優はいなかった。ジュリエットのような若い娘は、声変わり前の少年が、マクベスの妻のような熟年の女は演技経験の深い男優が演じたそうだ。歌舞伎みたいだね。というわけで、今回は5人の男性役者が朗読してくれた。劇団円の人が多いのかな、マクベスは時代劇の悪役でおなじみの有川博だった。

朗読といっても本を読んでいるようなものではなく、とても激しい声の集団演技だった。マイクの前に立った一人の打つ杖の音や時々入る析の音がとても効果的にドラマの進行を印象付けていく。本のページを捲りながらとは言え、役者の台詞の力強さは素晴らしかった。有川博だけが、時々言葉の第一音を吃音的に発するのは、彼の癖かそれとも年齢的なものか。ちょっと吉右衛門の台詞回しを連想させた。

安西徹雄訳という脚本では、マクベスが絶望に落とされる「森が動き」「女の腹から生まれたのではない男」の出現はどう表現されているのかは、私にとっても大いに関心があった。

子供時代から時代劇映画が大好きで、木石ではないという意味で「木の又から生まれたわけではない」という言葉を頻繁に耳にしていた私は、マクベスを読んで初めてその意味を知ったというインパクトある思い出を持っていたので、帝王切開で生まれたことを「女の腹から生まれたのではない」という表現では、比較が弱いと感じたな。

ん~、それにしても無料で2時間弱の朗読熱演を見聴き出来た宵は、とっても充実した気持ちで三日月を見上げながら家路を辿った。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

市川亀治郎講演「役者絵遍歴」

好きな浮世絵に関する話をいろいろ聞く機会があった。午後には歌舞伎役者の市川亀治郎が自分の浮世絵コレクションについて語るのを聞くこともできた。

彼を初めて認識したのはNHK大河ドラマの「武田信玄」だった。信玄をやっているのが、歌舞伎の女形だと知って意外感があったが、舞台の女形姿をTVで見て、その現代性にちょっと納得した。昔風のなよなよ女形が武田信玄って、振幅幅が広すぎるものね。

ラスベガスに賭博をしに通っているという彼をTVでちょっとだけ見て、またまた違和感。あまり見ないクイズ番組で高得点をとっているということも聞いている。

というわけで、興味津々で待っていたら、現れた彼の細身にびっくり。強靭な筋肉を持っているのだろうけれど、あの細さで体力勝負の舞台をやるなんてすごいね。

父親市川段四郎がロンドン公演の際、お土産に買ってきてくれた高祖父の役者絵をきっかけに、身内の役者絵を収集し始めたのだそうだ。裕福な子供だったので結構集められたとか、2000枚ほどのコレクションも値上がりしたら売って儲けるのが目的とか軽く喋るのを、単純な私はつい信じてしまいそうになったが、そのうち、コレクションを将来はどこかに寄付したいと考えているらしいことが判って、彼はきっと偽悪的な傾向があるのだろうと感じた。

絵姿と同じ配役だった自分の写真を並べ比べて、芝居が江戸期から連綿と受け継がれてきたことを見る者に実感させてくれたし、女形が前髪に当てた布は、鬘技術が未熟だった頃、生え際を隠すために用いられ、今でも当時からの演目の女形は同じ姿をするのだという説明も、仁木弾正の額の黒子はこれで評判をとった幸四郎に黒子があったからで、仁木弾正のモデルに黒子があった訳ではないという話も、歌舞伎ファンには耳嬉しい噺だった。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »