« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月19日 (月)

NHK時代劇「まっつぐ!」鎌倉河岸捕物控

全13回のうち10回が終わってしまった。私の好きな「陽炎の辻」と同じ佐伯泰英原作というので、かなり期待して見始めたが、初回は青春群像劇かと思うほどヒーローが見えなかった。原作本を読んだという友達にネタバレして貰って、政次というのが主役だとわかった。小振りなヒーローで、顔は悪くないけど、目線が弱く、思い浮かべると下を向いた表情しか出てこない。時代劇というより演技そのものに慣れていないのか動きにシャープさがない。どこからこの若者をもってきたのかなと思って、ネットで検索したら、橘慶太というのは人気のあるミュージシャンらしいね。でもさぁ、主役としての押し出しが弱いよ。きっと回を重ねれば少しは良くなるかもしれないけど、こういう若者を用いた監督がもっと鍛えなくちゃいけないよね。

一方、しほ役の可愛い女優柳生みゆは仲々素敵だ。まず目線が安定している。時代劇でよく見るわけでもないのに、演技がとても自然で驚いた。これも検索してみると、芸暦が長い。長ければ演技が上手くなるわけではないだろうから、きっと本人の感性の良さというのもあるのだろうね。

そして、前回の分。それまでも、捕物の手下の一人、常丸というのは、発声から演技所作に至るまで他の若者とはまったく違っていて、本格的役者だとすぐ分かった。歌舞伎の人だろうと思ったのに、嘉島典俊とあって、知らない名前だった。市川も中村もついていないのが不思議だった。一昨日に見た回に、この常丸が役者の台詞や見得をまねたような場面があって、これは間違いなくお芝居の人だと確信して、もう一度検索をかけてみた。なんと!嘉島典俊って、チビ玉が大人に成った姿だったのね。片桐光洋という名前までは記憶にあったけど、現在の名前は知らなかったなぁ。流石だよ。彼がいるだけで、この芝居が時代劇らしくなっている。

「陽炎の辻」と違って、録画を保存していない。でも、あと残り3回、しっかり見るつもりだ。

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

中村錦之助「身替り座禅」@国立劇場

今日、ふらっと国立劇場まで出掛けてきた。二代目中村錦之助の「身替り座禅」。この出し物は、外国人にも分かり易い、ほのぼの喜劇だ。中村錦之助は、襲名したころから存在感が出てきて、注目していた。

今月の国立劇場の歌舞伎は、高校生を対象にした歌舞伎鑑賞教室である。壱太郎(かずたろう)と隼人の19歳と16歳のコンビが解説を担当している。踊る捜査線の音楽を流しながら、奈落からのセリやスッポン、黒御簾の中を見せてくれたり、多分高校生達も興味を持ってくれただろう。

錦之助の初役はというと、良かったけど、もうちょっと色気が欲しかったな。まぁ高校生相手だからあれでいいのかもしれないけど。(^^;)

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

「米團治・花緑二人会」@エポックなかはら

桂米團治と柳家花緑の二人会に行って来た。両者の二人会は、小米朝最後の東京舞台を見ている。あ、聞いていると言うべきかな。今日はあれ以来で、楽しみだった。

最初に桂歌之助の前座で「子ほめ」、前半は花緑の「くも駕籠」と米團治の「稽古屋」、休憩が入って、後半は花緑の「初天神」と米團治の「くしゃみ講釈」。前振りにはいつもの人間国宝の息子と孫コンビというのから、W杯やら相撲協会の騒動までしっかりおさえていた。

申し訳ないけど、「すご~く上手い」とは思えないんだよね。それなのに、とても楽しかった。NHKの落語って上手いのかもしれないけど、どうもじっと聞いてられない。出掛けてしまって目の前にいるってことだけでなく、あの二人の喋りは私の感性にすっと馴染むところがあるように感じる。

また機会があったら聴きに行こう。(^-^)

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »