« 「カルメン・マキとあの時代」@朝日新聞 | トップページ | 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー »

2010年9月29日 (水)

NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」から「てっぱん」へ

ふと気付いてみたら、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」を最後まで見ていた。最近は途中で投げ出すことが多かったから、珍しいことだ。新聞にも視聴率が良かったと書いてあった。松下奈緒に好感をもっていたし、向井理も感じ良さそうだったから見始めたけど、途中から向井理って、どうにも温かみのない人に見えるなとガッカリした。しかし、ご本人がドキュメンタリーに出てきても、それほど奥さんに温かみを示したりしない人だったから、この配役で良かったのかも知れないね。

どういうところが良かったって、特にあげるところはない。(^^;)

で、今週から始まった尾道を舞台にした「てっぱん」、仲々楽しそうな出だしだ。なんと言っても、主役の女の子瀧本美織の率直さ、爽やかさが良いね。捨てられたトランペットを拾おうと2度も岸から海へダイビング。その思いっきりの良さが素晴らしい。これからが楽しみだ。

|

« 「カルメン・マキとあの時代」@朝日新聞 | トップページ | 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「カルメン・マキとあの時代」@朝日新聞 | トップページ | 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー »