« 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー | トップページ | 広島発ドラマ「火の魚」@NHK »

2010年10月 6日 (水)

NHKドラマ「十年先も君に恋して」 & 宇宙エレベーター

恋愛ドラマはあまり見ない私だが、ちょっと見てびっくりした。

ストーリーは、結婚して10年後の未来の夫と称する男(内野聖陽)が、タイムマシンで、彼と出会う以前の彼女(上戸彩)の目の前にやって来た。編集者の仕事を辞めて結婚した彼女は、充たされず、10年後には離婚しようとしていると言う。出会わなければ悲劇は避けられると彼は考えたのだが、若い二人は出会って、恋に落ちてしまう。結婚に至る前に別れさせようとする10年後の男と、振り回される女の子。彼女に心を寄せる若い男性作家や、未来から来た男に関心をもつ年配の女性作家とその夫、編集社の女性上司は、自分の未来を知る男に惹かれるなど、周囲の人間も面白く描かれていた。特にタイムマシンを研究していた教授は、自分が10年後には生きていないことを感じ取るが、変わらずに優しい。

限られた滞在期間の中で、男は、結局彼女を愛さずにはいられないのだということに気付く。彼が10年後の世界へ戻っていけば自分の記憶が無くなることを知った彼女は、10年後の自分に手紙を残す。

で、びっくりしたのは、設定された恋の相手の彼は宇宙エレベーターの研究者だったのだ。宇宙に浮かべた静止衛星のようなエレベーターを作れば、月にだって行ける。そのアイデアは、私が小学生の頃に未来像として作文に残したものに似ていた。私はあれ以来、思い出す度に『なんて莫迦な想像をしたものか』と自分の幼さを恥じ入っていた。誰にも話せないと思っていた。なんと、そのことを現実のものとして研究している団体だってあるんだそうだ。驚いた、驚いた。(^^;)

|

« 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー | トップページ | 広島発ドラマ「火の魚」@NHK »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上ひさし追悼「日本人のへそ」@テアトル・エコー | トップページ | 広島発ドラマ「火の魚」@NHK »