« ビデオ「最高の人生の見つけ方 (the Bucket List)」 | トップページ | 「検事・鬼島平八郎」@テレビ朝日 »

2010年10月26日 (火)

坂東玉三郎 昆劇公演「牡丹亭」@赤坂ACTシアター

TBSの赤坂サカス地区にある新しい劇場赤坂ACTシアターは初めてだった。新しい劇場なのに座席は決して大きくないし、前列との間も狭い。ギリギリだ。しかし、前の席とは互い違いになる配置と緩やかな傾斜フロアのお蔭で、舞台に対する視界はすっきりしているのが良い。舞台は大きくないが、どうやら客席は3階まであるらしい。相当な人数入るのかもね。

最初玉三郎の歌声が左のスピーカーから聞こえてきた時にはびっくりした。歌舞伎役者と昆劇の役者がこんな小さな舞台でマイクを使うのか?でも、明らかにマイクに乗った声だった。そのうち、台詞はちゃんと本人から聞こえてくる肉声らしいと気付いてからは、歌って声を張ると、上手の楽団の音をとるマイクに声が乗るのかもしれないと思うようになった。

玉三郎は美しい。蘇州語の発音やら調べに馴染みがないから、その辺は分からないけど、語りながらの微かな笑顔が艶かしい。華やかな恋する乙女が、夢に会った男に恋焦がれてやつれた場面では、着物の色と少し落とした照明で、ほんとうに痩せ細ったように見えたのは驚きだった。更にやつれて死の前の場面では、もっと照明を落としていたので、それほど後ろではない席なのに、屍のような痛々しさに見えちゃったりして、凄味すらあった。

気になったのは声の低さかな。京劇は数えるほどしか見てないのだが、もっと声が高くて透明感がある歌声のように思った。彼の声だけが低めで、他の人達とのアンサンブルがない。仕方ないさ50代の男性が10代の娘を演じているんだもの、歌舞伎だと思って聞こうと思いなおした。最後のカーテンコールで、玉三郎は一節高い声で歌って聞かせて、観客の喝采を受けた。素敵な声だった。

今日、2008年の南座の舞台録画を見直したら、昨日の舞台よりずっと高い透明度のある声を出していて、中国人俳優達の声とも馴染んでいた。やっぱりその日によっていろいろあるんだろうね。

東京公演は同じ夢を見ていた男の恋心から、一度は死んだ娘が甦って結ばれるというハッピーエンドで、そこも好かったな。

それにしても、昔よく遊んだ赤坂がすっかり様変わりで、見付駅の方角を人に尋ねなければならなかったほどだった。

|

« ビデオ「最高の人生の見つけ方 (the Bucket List)」 | トップページ | 「検事・鬼島平八郎」@テレビ朝日 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビデオ「最高の人生の見つけ方 (the Bucket List)」 | トップページ | 「検事・鬼島平八郎」@テレビ朝日 »