« 仮名手本忠臣蔵@国立劇場 | トップページ | 最近の「相棒」@TV朝日 »

2010年12月22日 (水)

「オーディオドラマライブ」@テアトル・エコー恵比寿

ネットで見かけた舞台案内、今年最後の観劇でいいかなと思って出掛けた。恵比寿のテアトル・エコー。

ラジオドラマの録音風景を綴った三つのストーリーで、役者たちが声優として、数本立てられたマイクの前で、脚本片手に声で演じた。

「時の香り」亡くなった夫の思い出とともに喫茶店を経営しながら娘を育てた女性と、彼女を支える夫の友人、そして客としてやってきた闘病中の男性とその妻。命と愛のストーリーが穏やかに語られた。

「彼岸の道」同級生のはずの女性達の年齢がさまざま。若い人は戦争中に亡くなった人、それぞれの年頃にあの世へ行って再会した友達のお喋りという、素晴らしい設定に感心した。そして数人の女性に愛された男性が納谷悟朗だった。太田淑子とともに、顔は知らなかったけれど、声はとても懐かしい人達だ。

「ファイティング・マザー」これにも太田淑子がでていた。上手いねぇ。三話めは、17歳で息子を産んで、美容師として女手ひとつで育ててきた女性の話し。店にやってきたのは、中年の女性客、年下の彼氏の母親に会うという話を聞いて、発奮して若造りをしてあげたら、それが息子の17歳年上の彼女だったという半分コメディーだね。これはNHKの「セカンドバージン」より8年も前に書かれたストーリーだそうで、勿論肝っ玉母さんだから、しっとり思いやりも見せながら、大団円でエンディングだった。

我が家は団地だからだろうか、受信状態が悪くてラジオはまともに聞こえない。ラジオを聴かなくなってもう何年になるだろう。舞台の上の声だけの演技だけれど、充分情景が浮かんできて、ストーリーが膨らんでいった。慣れない人はページを捲ろうとするものだが、それでは音がでてしまう。さすがに慣れた人達は、ページが捲れるのにまかせるようにして次のページへ進んでいくんだね。

私は言葉が聞き取れないのがとても気になる。ビデオに録った番組なら、何度も再生して確認することがよくある。最近の民放では、アナウンサーでも言葉が不明瞭になる人がいる。役者とは言わなくても、タレントでは、口跡がはっきりしない人もいるし、ささやくような言葉でもくっきり発声できる人もいるね。

今回は、普通の演技の舞台と比べると、全員がマイクの前で喋るので、言葉を聞き逃すことがなくてとても満足だった。

|

« 仮名手本忠臣蔵@国立劇場 | トップページ | 最近の「相棒」@TV朝日 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仮名手本忠臣蔵@国立劇場 | トップページ | 最近の「相棒」@TV朝日 »