« 「オーディオドラマライブ」@テアトル・エコー恵比寿 | トップページ | 映画「グリーン・ホーネット」 cinema "Green Hornet" 3D »

2011年1月13日 (木)

最近の「相棒」@TV朝日

昨日の作品「相棒Season9#11」を見てまた感じた。こんなふうに、単純で軽薄な誤解から生じる事件なんて見ていても面白くない。

<ネタバレありです>

6年前に海釣りの事故で仲間とともに死んだはずの夫が殺された。妻は死亡宣告手続きを済ませて、再婚していた。夫は横領疑惑のために仲間を殺してしまったと思って真の横領犯とも知らず、別の仲間の助言で身を隠し、お弁当屋で働く女と同居していた。仲間の死体が発見された経緯から自分が殺したのではないことに気付いた夫は、新しい女と晴れて結婚しようと元妻のもとを訪れる。不審な動きに後をつけていた女は、男の裏切りだと思って殺してしまう。この問答無用の心境が理解出来ないね。で、相棒二人組みの捜査で6年前の殺人犯も、この夫殺しの犯人も明らかになる。

ちょっと前にもこんなストーリーがあったような気がする。犯人が被害者の真意(好意)を知らず、行為を誤解して殺してしまったという展開だが、犯人にはショックなことだろうけど、見ている我々が、その原因を「軽薄な誤解」と感じてしまったら、もう脚本の失敗だよね。シチュエーションを変えても新味がない。

もっとシャープな相棒を見たいなぁ。

|

« 「オーディオドラマライブ」@テアトル・エコー恵比寿 | トップページ | 映画「グリーン・ホーネット」 cinema "Green Hornet" 3D »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

同感です。最近面白い、面白くない以前の問題です。 面白い、面白くないは好みも関係しますが、最近は、全くずさん。今日、2月23日のストーリも、初めの方で、まさかこんな結末ではないよな・・・、と思った、正にその結末。 警察官が、とか、警察官の知人が、と言うのは・・・。
杉下の人物像や、特命係という設定はいいのに残念です。 
ディレクターの能力がないのでしょうか?

投稿: Season9を憂う相棒ファン | 2011年2月23日 (水) 23時29分

>Season9を憂う相棒ファンさん、
今日のドラマの結末を想像なさったとは、素晴らしいファンです。私はぼんやり、「すっきりしない展開だなぁ」と思いながら見てました。そして、最後までスキッとしませんでした。
長いシリーズになると新味を出すのは難しいでしょうから、そのうちキラッと光る作品に巡り合える幸運を期待している私です。

投稿: KAY | 2011年2月24日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オーディオドラマライブ」@テアトル・エコー恵比寿 | トップページ | 映画「グリーン・ホーネット」 cinema "Green Hornet" 3D »