« 増上寺秘蔵の仏画「五百羅漢」図@江戸東京博物館 | トップページ | 寺脇康文 タレント »

2011年6月29日 (水)

「JIN ~仁~」最終回@TBS日曜劇場

おもしろかった第一シリーズに続く第二弾、完結編。楽しみにしていた。

でも、始まってから、どうもテンションが上がらなかった。あらためてびっくりする設定もないし、歴史との整合を辿るだけで、好演の内野聖陽が演じる坂本龍馬役が、我々の知っている歴史どおりに殺されるのかどうかだけしか興味は持てなかった。

もちろん、主役の大沢たかおは素敵だし、橘咲役の綾瀬はるかは驚くほど適役だと感心させられた。咲の兄恭太郎役の小出恵介や勝海舟役の小日向文世がお気に入り。

どこかの新聞評に、JIN苦戦とあった。裏番組が善戦していたらしいが、第一シリーズほどにはハラハラドキドキしない私と同感の人が多かったみたいだね。

そして最終回、どうカタをつけるのかと思っていたら、案外納得させられた。ちょっと空かされた気分もあるけれど、しかたないなと思わせられた。原作とは異なるドラマの結末だったそうだ。

原作では、タイムスリップした医師南方仁は、江戸時代幕末で生きていく決心をしたらしいのだが、TVでは、ふたたび現代に戻った。病に倒れた愛する咲に処方する薬を取り、ふたたび江戸時代へと向かいたかったのだが、その時代の仁が消えてしまい、本人は現代に残された。その後の脚本がうまかったね。

彼は、自分がいなくなった幕末の人々はどうなったかを調べる。ペニシリンが西洋で発見される前に日本でも存在したという歴史の記述を発見する。彼が設立した仁友堂という医院の名は見つかるが、彼の名前や咲の名前はない。ついで咲の家があったところを探し当てる。そこには橘医院の看板が。そして、そこに住む女性は、彼の昔の恋人とそっくりだった。その彼女から、咲が薬を得て生き延びたこと、野風の遺児を育てたことなどを知る。そして咲は、消えゆく記憶を書き留めていた。

若い医師(山本耕史)の知恵を借りて彼が導き出した結論は、パラレルワールドだった。最初に生きていた世界からタイムスリップしたのは、別の世界の過去だった。そして、今戻ってきたのも、また別の世界の現代だ。歴史の修正力はそのうち彼自身の過去の記憶も消し去るだろう。

聞いたことはあっても、その仕組みがよく判らないパラレルワールド。それなのに、ふむふむとこのストーリーに納得してしまった私がいた。咲と結ばれて欲しかった。結ばれないのなら、もっとフラストレーションを感じてもいいはずなのだが、ちょっと哀愁のある、諦観のあるエンディングも仕方ないかと受け入れた。ずっと覚えているのなら、悲劇性が大きいだろうけど、歴史の中で記憶すら残らない。それでも、仁も咲も野風も精一杯生きたよね。(^-^)V

|

« 増上寺秘蔵の仏画「五百羅漢」図@江戸東京博物館 | トップページ | 寺脇康文 タレント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増上寺秘蔵の仏画「五百羅漢」図@江戸東京博物館 | トップページ | 寺脇康文 タレント »