« 施食会(せじきえ) | トップページ | 猫某のばあい »

2012年5月 4日 (金)

映画「愛しの座敷わらし」

大好きなTVドラマ「相棒」シリーズ、亀山薫君が去って以来、楽しさや感動は割引となったけれど、放映中は毎週見ている番組だ。その主役の水谷豊とスタッフ達がホームドラマ映画を作った。監督は和泉聖治、TVシリーズでも名作を監督している。

食品会社企画部に勤めていた主人公(水谷豊)は、左遷されて、岩手支社の営業に飛ばされる。中学生の娘と小5の息子(濱田龍臣)、妻(安田成美)と同居して間がない母(草笛光子)と共に引っ越してきた家は、山の中の古民家。あまりの不便さに不満いっぱいだった家族も、主人公の定年後も見据えた家族を想う気持ちに納得したが、その家には座敷わらしが住んでいたのだ。

上映中の映画だから細かいことは書けないけれど、まぁ、少年も可愛い、座敷わらしも素朴で可愛い、優しく美人の妻に、惚けかけていても凛とした母親などに囲まれた主人公の、気弱だけど心を大切にしたいという思いが強いことが安心して見られる映画にしていた。ちょっと顔を出すだけみたいな脇役の顔ぶれも豪華。

ドラマ最後の一言は、それほど大きな驚きはなくて、どこか予期していた感じなのに、ほのぼのと幸せ感を残して、この映画を象徴していた。

殺人事件みたいな大きな事件は起きないけれど、ほのぼのいろいろなことが涙を誘って、はい、泣きました。悲しいわけではなくて、あったかい涙でした。

|

« 施食会(せじきえ) | トップページ | 猫某のばあい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 施食会(せじきえ) | トップページ | 猫某のばあい »