« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

六月大歌舞伎「ヤマトタケル」@新橋演舞場

襲名披露の舞台って、相当な混雑だと思うので、以前からほとんど敬遠して見に行かなかった。でも、今回は友人の希望で出かけることになった。ちょっと香川照之の歌舞伎舞台を見てみたい気持ちもあったしね。

5列目、中央よりちょっとだけ右。なかなか良い席だったね。猿之助のスーパー歌舞伎はいくつか見たけれど、ヤマトタケルはもしかしたら映像でしか見てないかもしれない。細部について、そうか、こんなストーリーだったっけ、と思いながら見てた。

ご存じ梅原猛原作の、日本神話を下敷きにした物語。 亀治郎改め四代目猿之助は隙がない演技。上手いんだねぇ。二役の早変わりも、立ち回りもばっちり。先代より線が細いから、悲劇のヒーローのイメージに合っている。

他の出し物ではどうだかわからないけれど、中車の父王役は台詞も少なく難しかっただろう。破綻なく演じていたのが、流石演技派役者の彼だと思った。

ヤマトタケルは父に理解されず、熊襲(くまそ)征伐にやられ、無事帰還すると奥州へやられてしまう。愛する女性たちとも平安は得られず、ちょっとした油断から傷を負って、息子の無事を確認して昇天してゆく。

ダイナミックでとても素晴らしい舞台だったけれど、情感が足りないかな。まだ四代目では泣けないんだよね。目は満足出来るけど、情が取り残される。多分、これからの彼の年の取り方で充実してくるのを期待するってことだろうね。

口上は、猿之助と中車だった。

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

三谷幸喜版「桜の園」@パルコ劇場

先日、渋谷のパルコ劇場で、三谷幸喜の「桜の園」を見てきた。これは私の好みによる選択ではない。しかし、友人の好みに合わせて舞台を見るというのも、視野の広がる好機ではある。

新聞に三谷幸喜が、これは喜劇だと強調していた。まず舞台に出てきたのは青木さやか。観客に語り掛ける。うん、気持ちはわかるって感じかな。お笑いの人としてしか知らないから、その割には声が出ているなと感じたけれど、それでも限界がある。他にもお笑いの人が出ていたり、手品をやってみせたり。しかし、前半の喜劇性を強調した部分はちょっと眠かった。

後半、シリアスな舞台になってからは引き込まれたね。主演の貴婦人は浅丘ルリ子。特に破綻のない演技で、安心して見ていられた。意外だったのが、桜の園を買い取った男を演じた、多分市川しんぺーという役者だと思うんだけど、野卑なような、優しいような、非情なような、またちょっと哀愁もあって、面白い存在に見えた。

みんなが立ち去って、春まで締め切られた屋敷の中にひとり取り残された老人。こういうのを笑ってもいいのかしら・・・、と感じてしまう私は、喜劇鑑賞には向いてないかもね。

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

「天日坊」@シアターコクーン

145年も昔の歌舞伎を串田和美演出、宮藤官九郎脚本、中村勘九郎主演で復活させた、コクーン歌舞伎の初日を見た。席は平間、ちゃんと正座できなくて申し訳ないんだけれど、周りを見てもちゃんと正座している人ってほとんどいないから、スカーフで脚を隠しながらの体育座りでエンジョイした。すぐ脇を役者が通るのが醍醐味だね。

天一坊事件を下敷きに、頼朝の落胤に成りすまそうとした若者の話だ。修験者の忠実な弟子であり、心優しい若者(と見えた)法策(勘九郎)は、化け猫事件を師を助けて解決し、老婆を優しく気遣うが、情にほだされた老婆が語る娘と将軍頼朝の間に生まれた孫の話を聞く。母子は死んでしまったが、頼朝の子である証しの品が残されていることを知った法策は、その子と同じ年頃であり、孤児である自らがご落胤になることが出来ると考え、老婆を殺してご落胤の印やお墨付きを奪って逃げ、鎌倉へと向かう。

あの心優しい若者が人殺しをしてまで栄華を目指すという心の転換点がよく見えなかったよね。老婆殺しの後に、すれ違った若者をも簡単に殺して、自分の身代わりにしてしまう。この短絡的悪には唖然だった。でも、勘九郎って、人が良い役は出来るけど、闇に呑まれる役ってまだ無理っぽいね。形はしっかりしてるんだけどなぁ。

まぁ、話はそれでも進んでいく。途中で盗賊の地雷太郎(獅童)と妻のお六(七之助)に捕まりそうになる。頼朝のご落胤だと主張して、反頼朝勢力の二人に殺されそうになるが、実はと素性を明かして命乞いをすると、二人に説得されてそのまま天日坊として鎌倉へ乗り込むことになる。

最近とんと見たことがなかった獅童と七之助の舞台だが、今回驚くほど二人が輝いていた。素人が「うまくなった」なんて言うとおこがましいかもしれないが、二人の演技が豊かになったとでもいうべきか。若い役者って、しばらく間をおいて見ると、精進ぶりに感激できるものなのかもしれないね。

お六は、法策が実は反頼朝方(木曽義仲だったかな)のご落胤であることに気付く。「俺は誰だぁ~」となるのね。人の身分なんて、周りが認めるからそうなるのであって、自分が何者かというのは、若者すべての命題だよね。

鎌倉で将軍頼朝にまみえる前に尋問をうける天日坊。ここが歌舞伎のはちゃめちゃさだけれど、この吟味方が、なんと法策の頃に下働きみたいに見知っていた男(白井晃)だった。つまり、天日坊の正体はバレバレだったのだ。捕えられそうになった時に、法策が口を開けて、何か言おうとした。私は内心、「ここで、『俺は誰だぁー』なんて叫ぶんじゃないぞ!」と思った。彼は言葉を飲み込んだ。そうだよ、こんなところにきて、まだ「俺は誰だぁ」なんて言ってちゃいけないやね。自分が何者かは自分でもう決めなくちゃな。

他にも場面を枠組みの中の芝居のようにして話を説明的に進めて行ったり、船の場面も、一部だけを詳細にして客の視線を集めるなど、目新しい手法がいろいろとあった。

歌舞伎らしいんだけど、トランペットなど洋楽器を着物を着た人たちに演奏させるなど、それらが現代語の台詞が時々入っても破綻なく楽しめるというのがコクーン歌舞伎と呼ばれるものなのだろうね。

七之助や獅童は、それぞれの成長が頼もしく、今後とも楽しみだなと思うけれど、勘九郎については、熱が入れば入るほど、先代の勘九郎に似てきてしまう。伝承していても自分らしさを出すのは、さぞかし難しいことだろう。大変だろうなぁと思った。

| | コメント (0)

2012年6月24日 (日)

ドラマスペシャル松本清張「波の塔」@TV朝日

昭和35年のストーリー、高名な松本清張原作とはいえ、汚職を追及する若き検事と、被疑者の妻との恋愛ものとなると、悲劇を想像してしまい、ちょっと身構えて見始めた。

東京オリンピックを控えた高度成長期で、建設ラッシュは建設省を巻き込んだ汚職が横行していた。汚職を追及していた小野木特捜部検事(沢村一樹)は、有夫ではないかと思いながらも、巡り合った美女より子(羽田美智子)に惹かれてゆく。より子は、贈賄や殺しまで策略するブローカー結城(鹿賀丈史)の妻だった。捜査が進んで、結城逮捕の時に、小野木検事はより子が結城の妻であることを知る。衝撃を受ける小野木だが、それでも愛は揺るがない。弁護士の画策で、小野木検事が容疑者の妻を騙したという新聞記事が出るが、より子は、二人の仲を否認し、夫の罪業を証言することで二人の愛を守る。

より子は樹海に身を沈め、小野木は検事を辞めて弁護士になり、生涯独身を通してより子を樹海に捜したが、ついに見つけることが出来なかった。すごい、純愛ドラマじゃないか。

日陰に咲くガラスの花のようだと評されるより子だが、芯が強く、愛に殉じるその言葉には泣かされてしまった。小野木だって、検事仲間や上司の前であることも構わず、彼女への愛を告白する。恋愛ドラマは苦手で見ないという私が、素直に涙を流しちゃったんだから驚きだ。沢村一樹のストレートな男の愛は良かった。照れがないのは、彼ならではだろうね。キャスティングの成功ということかしら。羽田美智子は、もう少し優雅さに深みがあるとよかったけれど、まぁ、この役に合っていると言って良いのだろうね。

松本清張の原作を読んでいないので、よく分からないけれど、彼の筋立ての骨太さがあり、また、竹山洋の脚本の効果も大きいのではないかと感じた。蟹江敬三のナレーションで展開が進んでいくのは、妙な生生しさが消えて、清廉なイメージを残したと思う。

あと、TV朝日だったことも、楽しめた要素の一つかもしれない。そう、ドラマって、TV局によってそれぞれ傾向があるんだよね。TV朝日は直球勝負の潔さがあるよね。

CMカットして2度見直した。もう少し録画を残しておこう。(^^;)

追記: 忘れてはいけないことをひとつ。 ブローカー結城のより子に対する愛だ。 二人のことを追及する結城の行動は、愛の裏返しの嫉妬でしかない。 自分の悪行を逐一彼女に語ったことも、彼女への愛の表れに見えた。彼女の愛を求めていた姿のように感じた。小野木検事との関係を暴露したのも、自らの詮議に有利に働かせるためでもあるけれど、嫉妬が底にあった。そして、すべてが済んで、去りゆく彼女が死を選ぶのではないかと思い至ることが出来たのも、彼が彼女を愛していたからだと言えよう。ここにもラブロマンスの影があったのだね。

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

ドラマ「走査線上のアリア」by森村誠一@フジTV

先日放送されたドラマを録画していたので、今日やっと再生して見た。

森村誠一原作のドラマは見ごたえがある。しかし、「終着駅シリーズ」を除くと、私にとって必ずしも結末が快いとはいえない。今回も若村麻由美の好演に惹かれて見続けながらも、いつガッカリさせられるかと身構えていた。(^^;)

母子家庭に育って、母親の過度の期待に押しつぶされそうになりながら作家への道を模索していた女性。新人賞をとった時の審査員の作家に、仮免だと酷評されて以来、いまだ新作を出せずにいたが、泊まったホテルで殺された若者の第一発見者であり重要参考人とされたところからドラマが始まった。

誠実な若い編集者に支えられながら、身の潔白を示そうと戦い始める。記者会見を開き、事件に絡んだ小説を書き始める。どこか清廉さに欠けるような印象をぬぐえないのに、若村麻由美の熱演に引きずられる。因縁の審査員作家を犯人と見立てて、彼のアリバイを崩してゆく。おやおやこんな展開でいいのかいと思ったところで、その作家が若者との関係をすんなり認めて、しかし殺していないと主張する。

えっ?じゃあ、あとは彼女しかないじゃないか。グェーっ、こんな終わり方かよぉ、と思ったけれど、実際は、破綻なく最後のシーンまで見ることが出来た。演出の腕と若村麻由美の演技だろうね。

本当に良く出来た作品だと思う。トゥーランドットのNessun dorma.(誰も寝てはならぬ)というオペラのアリアが鳴り響き、草笛光子の母親役など、脇もしっかりしている。でも、もう一度見たいとは思わない。多分、書き手は満足だろうけれど、見るものにとっては、救いがないからかな。

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

「藪原検校」@世田谷パブリックシアター

井上ひさし原作、栗山民也演出の「藪原検校」を見た。主演は狂言師野村萬斎、目の見えない悪漢を熱演してた。狂言回しの浅野和之に好感。小日向文世や熊谷真実など脇役は、数役を兼ねていた。

ストーリーは父親が金欲しさに座頭を殺した因果か、生まれた時から目が見えない杉の市の一生。父親は悪のわりに、因果におののいてあっさり自殺してしまう。座頭として育った杉の市は、才覚で生きていくが、強い者に虐げられることに反発して人殺しをしてしまい、更に母親を誤って殺してしまう。密通していた師匠の妻をたぶらかして師匠を殺させ、返り討ちにあったと思えるその妻を置き去りに、金を抱えて、検校になるべく江戸へ逃げる。

藪原検校に弟子入りし、非情な貸金の取り立てで頭角を現し、ついに師匠を殺して2代目藪原検校に就任しようとした杉の市の前に、以前の師匠の妻が現れる。しかし彼女を殺したところを見つかって捕縛されてしまう。無残な方法で処刑された時、杉の市は28歳だった。

萬斎の杉の市は口跡が良くて、熱演だったといえるけど、私の個人的な印象としては、狂言よりも落語的な世俗さがあった方が、このストーリーには似合っていたのではないかと思った。もしかしたら、落語では性表現などたっぷりの内容があまりに露骨になると考えたのだろうか。津軽三味線でなく、ギターだったことも、私としては、三味線ではリアリスティックになり過ぎるからギターにしたのではないかと感じられた。

萬斎の杉の市は、まだ始まったばかりだから、これから練られて、変貌して、充実していくかもしれないけれど、因果の物語なのか、彼の意志の結果の話しなのかをはっきりした方がいいと思う。終わった時の、彼が28歳だったという言葉が、とても切なく心に響いた。

| | コメント (0)

2012年6月 2日 (土)

田舎の風景

佐賀に帰省しています。今は麦秋の時期で、黄金色の麦穂の刈り入れが進んでいます。刈った後の田を耕運機が耕していると、その後ろを数羽の白い小鷺が従っているのは、土中の虫を食べているのでしょう。

麦刈りは梅雨が始まる前に終わらせなければなりません。そして、田に水が入れられて田植えが始まります。

梅雨の走りと見えて、連日曇り空です。昼過ぎに突然蛙の声が聞こえました。その2時間ほどあと、なんとちゃんと雨が降り始めたのです。雨蛙が鳴いて雨が降る自然がここにあります。

近くの空き地では、小さな白や赤紫の草花が咲いて、たくさんの白い蝶々が飛び舞っています。

夕方になると子ガラスがギャアギャアと啼きます。カラスがなくから帰ろうという言葉を連想させる風景が残っています。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »