« 三谷幸喜版「桜の園」@パルコ劇場 | トップページ | 七夕の星空 »

2012年6月30日 (土)

六月大歌舞伎「ヤマトタケル」@新橋演舞場

襲名披露の舞台って、相当な混雑だと思うので、以前からほとんど敬遠して見に行かなかった。でも、今回は友人の希望で出かけることになった。ちょっと香川照之の歌舞伎舞台を見てみたい気持ちもあったしね。

5列目、中央よりちょっとだけ右。なかなか良い席だったね。猿之助のスーパー歌舞伎はいくつか見たけれど、ヤマトタケルはもしかしたら映像でしか見てないかもしれない。細部について、そうか、こんなストーリーだったっけ、と思いながら見てた。

ご存じ梅原猛原作の、日本神話を下敷きにした物語。 亀治郎改め四代目猿之助は隙がない演技。上手いんだねぇ。二役の早変わりも、立ち回りもばっちり。先代より線が細いから、悲劇のヒーローのイメージに合っている。

他の出し物ではどうだかわからないけれど、中車の父王役は台詞も少なく難しかっただろう。破綻なく演じていたのが、流石演技派役者の彼だと思った。

ヤマトタケルは父に理解されず、熊襲(くまそ)征伐にやられ、無事帰還すると奥州へやられてしまう。愛する女性たちとも平安は得られず、ちょっとした油断から傷を負って、息子の無事を確認して昇天してゆく。

ダイナミックでとても素晴らしい舞台だったけれど、情感が足りないかな。まだ四代目では泣けないんだよね。目は満足出来るけど、情が取り残される。多分、これからの彼の年の取り方で充実してくるのを期待するってことだろうね。

口上は、猿之助と中車だった。

|

« 三谷幸喜版「桜の園」@パルコ劇場 | トップページ | 七夕の星空 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三谷幸喜版「桜の園」@パルコ劇場 | トップページ | 七夕の星空 »