« 「藪原検校」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマスペシャル松本清張「波の塔」@TV朝日 »

2012年6月23日 (土)

ドラマ「走査線上のアリア」by森村誠一@フジTV

先日放送されたドラマを録画していたので、今日やっと再生して見た。

森村誠一原作のドラマは見ごたえがある。しかし、「終着駅シリーズ」を除くと、私にとって必ずしも結末が快いとはいえない。今回も若村麻由美の好演に惹かれて見続けながらも、いつガッカリさせられるかと身構えていた。(^^;)

母子家庭に育って、母親の過度の期待に押しつぶされそうになりながら作家への道を模索していた女性。新人賞をとった時の審査員の作家に、仮免だと酷評されて以来、いまだ新作を出せずにいたが、泊まったホテルで殺された若者の第一発見者であり重要参考人とされたところからドラマが始まった。

誠実な若い編集者に支えられながら、身の潔白を示そうと戦い始める。記者会見を開き、事件に絡んだ小説を書き始める。どこか清廉さに欠けるような印象をぬぐえないのに、若村麻由美の熱演に引きずられる。因縁の審査員作家を犯人と見立てて、彼のアリバイを崩してゆく。おやおやこんな展開でいいのかいと思ったところで、その作家が若者との関係をすんなり認めて、しかし殺していないと主張する。

えっ?じゃあ、あとは彼女しかないじゃないか。グェーっ、こんな終わり方かよぉ、と思ったけれど、実際は、破綻なく最後のシーンまで見ることが出来た。演出の腕と若村麻由美の演技だろうね。

本当に良く出来た作品だと思う。トゥーランドットのNessun dorma.(誰も寝てはならぬ)というオペラのアリアが鳴り響き、草笛光子の母親役など、脇もしっかりしている。でも、もう一度見たいとは思わない。多分、書き手は満足だろうけれど、見るものにとっては、救いがないからかな。

|

« 「藪原検校」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマスペシャル松本清張「波の塔」@TV朝日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「藪原検校」@世田谷パブリックシアター | トップページ | ドラマスペシャル松本清張「波の塔」@TV朝日 »