« 「かおばな憑依帖」読了 | トップページ | 中村勘三郎葬儀 »

2012年12月17日 (月)

低い投票率

今回の総選挙、とっても投票率が低かったんですって。有権者の4割近くが棄権したんだね。不景気が何十年も続いていて、若者だけでなく仕事がない人が多くなっていて、想像もしなかった巨大地震に続く原発事故が起きて、完全な回復にはまだまだ時間もお金も人手もかかると思われているこの時、どうして政治を立て直す機会に参加しようと思わないんだろう。

自民党の単独過半数という選挙結果に少なからず衝撃を受けた。20年近くも不況からの脱出に効果的な手を打てなかった自民党が、そう容易く景気を刺激できると考えたのかな。日本の負債をこれ以上増やすことに不安が残る。そして確かに、韓国や中国やロシア(も入れておこう)の国境の島をめぐる動きには、日本人として不快感はあるけれど、本当に高圧的に、軍隊強化で対応出来ると思う人が大勢いるのかな。

でも、今日のTV解説を聞いて、ちょっと驚くようなことがわかった。自民党の得票数が、前回の惨敗の時の得票数より少なめだというのだ。それなのに一転大量の議席を確保したのは、自民党の大勝ではなくて、民主党の大敗なのだという表現があるけれど、実際、前回の民主党の得票のうちの大半が第三極に移ったという結果だったらしい。

ふ~ん、そうなんだ。

今となっては、自民党が公約通りに経済を早急に立て直すことを期待しよう。そして、原発問題に慎重になってくれることを祈る。経済優先で安易に原発再運転にしないで欲しい。自然エネルギーのような発電に産業界が力を入れてくれるようにして欲しいなぁ。

そして、あとは、平和な日本を軍隊でなく、洗練されたしたたかな外交で守って欲しいよ。

|

« 「かおばな憑依帖」読了 | トップページ | 中村勘三郎葬儀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「かおばな憑依帖」読了 | トップページ | 中村勘三郎葬儀 »