« サガン鳥栖 | トップページ | 「かおばな憑依帖」読了 »

2012年12月 6日 (木)

中村勘三郎逝く

今朝がた中村勘三郎が亡くなったそうだ。危ないらしいというニュースが漏れ聞こえてはいたけれど、信じられなかった。彼は必ず元気になって戻ってくると思っていたから、やはりショックは強かった。まさか、という思いがした。悲しいよりも、悔しく、まだ納得がいかない。どうして57歳という若さであれほどの役者が亡くならなければならないのか。

私には、まだ勘三郎というより、勘九郎の印象が強く残っている。平成中村座も何度か出かけた。彼の歌舞伎舞台は私の好みとは少し方向が異なっていたけれど、彼の熱演を見るのは好きだった。テレビなどで彼のインタビュー番組をやっていれば、必ずチャンネルを合わせた。彼の素顔で語る姿にはいつも感心し、感動した。その熱意、そのエンターテインメント性、人柄が愛しかった。

十分立派な歌舞伎役者ではあったけれど、まだまだこれから円熟期を迎え、枯れてゆく彼の演技を見たかった。彼自身もまだまだ演じたかったと信じている。

まだ、素直に彼の冥福を祈ると言えない。しばらく時が必要だ。中村勘三郎を想う。

|

« サガン鳥栖 | トップページ | 「かおばな憑依帖」読了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サガン鳥栖 | トップページ | 「かおばな憑依帖」読了 »