« 海外プラントの危険性 | トップページ | 歌舞伎座新開場記念展「歌舞伎 - 江戸の芝居小屋」@サントリー美術館 »

2013年1月28日 (月)

空飛ぶリチウム電池

日本の技術がいろいろと採用された新しいジェット機といわれたボーイング787、日本産業界の期待を背負ったこの機材が就航し始めると、あちこちに不具合が出た。日本の技術力というのは、20年の経済の停滞を生きている日本人にとって、僅かな心の支えのひとつだろうが、それが脅かされている。

毎月東京ー福岡を往復する身としては、不安があったのだが、今のところはB767が就航している路線らしい。更に、リチウム電池が火を噴くに至って、アメリカ政府の方でB787の飛行停止が決定されたので、実際の事故が起きる懸念は無くなった。

日本の電池メーカーに立ち入り検査も入ったそうで、しっかりと事故の原因を究明して欲しい。安心して飛びたいもの。

ゆうパックでは、リチウム電池を入れていないことを確認しなければ、航空便としては受け付けてくれない。リチウム電池が飛行中に爆発する危険があるとか聞いた。だから、リチウム電池を積み込んで飛ばす航空機と聞いた時はびっくりした。でも、自分が飛ぶ時の航空機の手荷物に入れていても、咎められたことはないんだよね。で、爆発したり、電池の不具合を出したりしたことはない。

私のスマホはXperia, どうやらリチウムイオン電池というものらしい。全くの素人だから、リチウム電池とリチウムイオン電池の違いは判らないけれど、個人的に感じることがある。毎月スマホをオフにして搭乗しているのだが、着陸した時、いつもじゃないけれど、電池容量が突然激減してしまったことがある。搭乗前にはメールくらいしかしていないので、それほど使っていないのに、着陸して電源を入れて使おうとすると、もう電池切れの表示が出てしまうということが2-3度あった。まるで、上空を飛んでいる時に電力を吸い取られたかのような印象なんだよね。

電池が高度な上空で何かから素人ではわからないような影響を受けるということはないのかなって、つい不安になってしまう。プロの技術者たちは、電池というものに対して、もう一度謙虚に向き合って欲しいと素人の私は願っている。

|

« 海外プラントの危険性 | トップページ | 歌舞伎座新開場記念展「歌舞伎 - 江戸の芝居小屋」@サントリー美術館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外プラントの危険性 | トップページ | 歌舞伎座新開場記念展「歌舞伎 - 江戸の芝居小屋」@サントリー美術館 »