« 「今ひとたびの修羅」@新国立劇場 | トップページ | 「舟を編む」 »

2013年5月28日 (火)

文楽5月公演@国立劇場

遅くなったけれど、ちょっと今月の観劇メモ:

国立劇場小劇場第二部

「寿三番叟」には病み上がりの住大夫が出ていた。声はちょっと細くなったかなと感じたが、つい、よくぞここまで回復したという思いが湧いた。これからも頑張って欲しい。

そして、「心中天網島」、河庄の段や大和屋の段よりも、やはり道行だね。橋づくしで、人形の動きにあわせていろいろな橋が出てくる。心中するより他なくなった小春と治兵衛、女房おさんの心を思いやって、別々に死んでゆくのは、知っていても、見るたびに心動かされるなぁ。

黒い着物に白い人形の肌が、なまめかしいほど美しい。

|

« 「今ひとたびの修羅」@新国立劇場 | トップページ | 「舟を編む」 »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「今ひとたびの修羅」@新国立劇場 | トップページ | 「舟を編む」 »