« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

新作「陰陽師~滝夜叉姫」@歌舞伎座

歌舞伎座新開場杮葺落 九月花形歌舞伎夜の部、新作「陰陽師~滝夜叉姫」の千穐楽公演を観た。

この作品が上演されると知って、必ず見たいと思った。一般のチケット販売初日にアクセスしたら、すでに完売だった。えっ? 仕方がない、幕見に並んで観ようと思っていたら、ネット上で譲って下さる方があって、幸い入手することが出来た。有難かったよ。それにしても、七月・八月の公演では空席があったから、びっくりだった。

でも、公演を観て、完売も宜(むべ)なるかなと感じた。あれだけの若手が勢揃いだもの。内容も良い。原作は私も読んでいる。コミックも映画も見て、安倍晴明ファンは多いと聞く。さらに新作ものにしては、本がよく練られていて、歌舞伎としての仕上がりが申し分なかった。

安倍晴明(染五郎)と源博雅(勘九郎)、平将門(海老蔵)と将門を誑かして天下を狙う興世王(おきよおう・愛之助)、将門の娘滝夜叉姫(菊之助)とその母で将門の愛妾桔梗(七之助)、そして藤原秀郷(俵藤太・松緑)といった面々が、千穐楽ということもあって誰もがなかなかの熱演だった。

平将門って関東では人気があるよね。さらに愛と怨念があるから、ヒーローとしての要件を充たしているし、四肢をバラバラにされたり首が飛んだりと、そのおどろおどろしさは歌舞伎にぴったり、海老蔵にぴったりだ。愛之助の悪も決まっていた。

陰陽師安倍晴明が大活躍とはいかないけれど、要所要所は抑えているから、大きな不満は生じない。染五郎はぴったりだと思うけど、もう少しキャラを尖らせてもいいかも。勘九郎の博雅の笛は、あれで美しいのかもしれないけれど、素人の私にも素晴らしいなと思わせる強烈な旋律が欲しかったなと篠笛大好きな私は感じてしまった。

ちょっとお遊びで「いつの日か」という言葉が遣われていた。TV「妻はくの一」の時の台詞だよね。これは私個人にはとても受けた。

最後の幕が下りても客席の拍手が続いた。あれ?もしかして?見てると緞帳が上がった。えぇっ!?歌舞伎座でカーテンコール?新作だからなのか、千穐楽だからなのかは知らない。居心地悪い思いで眺めていたら、ミュージカルの時みたいな大袈裟なパフォーマンスはなくて、主な役者たちが並んで軽く会釈してふたたび幕が下り、もう上がらなかった。熱演の良い舞台だったから、この程度ならいいかと思えた。

今回は久しぶりにカタログを買い、イヤホンガイドを用いた。新作だからカタログが欲しかった。イヤホンガイドは昔使ってみたら煩くて、舞台を楽しめなかったから近年ほとんど借りたことがなかったけれど、今回とても良かった。音声はちゃんと入っているのかしらと不安になるほど、演技中は沈黙。新しい場面や役者の登場に合わせた短い説明で、これはとても有効だった。カタログを読んでいたけれど、時間が過去に飛んだり、関東と都と舞台も変わるから、解説に助けられたかもしれない。このサービスは進化しているんだね。

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

九月大歌舞伎午前の部@新橋演舞場

お目当ては「元禄忠臣蔵~御浜御殿綱豊卿」。以前梅玉で観て、すっかり梅玉ファンになってしまった。彼の綱豊卿は優美で知的で自制的なんだよね。今回も彼かと思っていたら、三津五郎で、彼の代演として橋之助になった。梅玉でないのなら行くほどもないかなと思っていたら、ネットで橋之助の綱豊卿が素敵とあったので、橋之助のファンでもある私は慌ててチケットをゲットして行ってきた。

ぎりぎりの購入だったけれど、結構良い席で、楽しむことが出来た。橋之助の綱豊卿は最初から声太く力強い。梅玉とはずいぶん違っていて驚きがあった。代演だから力が入っているのかな、台詞はしっかり入っているけれど、咀嚼する時間的余裕がなくて綱豊卿の表現が一本調子になってしまっているのかしら、なんて感じながら見ていた。でも、見ているうちに、こういう武ばった綱豊卿も有りかなという気分になってきたから面白いね。

次の出し物は「男女(めをと)道成寺」、橋之助と孝太郎との二人舞踊。橋之助が軽快に踊ると、つい引き込まれるんだけれど、女形の踊りはつい眠気を誘う。ごめんなさい。

眠気というと、最後の「天衣紛(くもにまごう)上野初花~河内山」はかなり舟を漕いじゃったよ。以前吉右衛門で見た時は笑えたんだけど、幸四郎は面白味というか軽さがなくて単調だった。台詞が聞き取りにくかったと言っているご婦人もいたっけ。

帰りに横川の釜飯を売ってる店があったので、久しぶりに買ってきちゃった。

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

文楽「伊賀越え道中双六」@国立小劇場

今月の国立劇場は通し狂言文楽の「伊賀越え道中双六」。昼夜通して観た人には小さな復刻版懐中稽古本の抜粋をプレゼントするというので、しっかりいただきました。義太夫300回忌記念公演だそうです。

勿論、私のお目当ては「沼津の段」です。それ以外にはあまり関心がなかったのですが、やはり遠しで見ると良い点がありますね。まず、股五郎が殺しをやった場面があったので、敵という印象がはっきりしました。また、十兵衛が切り傷の特効薬を貰う場面があったので、沼津で実の父親に塗ってやったり、妹が刀傷を受けた許婚にその薬をやりたいと思う心情が直接的に理解できました。

そして人形遣いの勘十郎が素晴らしかった。平助は、まるで生きた役者を見ているような活き活きとした生命力を感じました。こういう感動は稀です。玉男を失い、蓑助が弱ってきた今、私にとって一番気を引く人形遣いの勘十郎だったけれど、今回の感動する舞台を見られたことはとても嬉しいことでした。

最近の義太夫では泣けないなぁと思ったりしていたものですが、今回の沼津ではしっかり泣きました。昔の太夫に比べると、発声が現代風過ぎると思っていましたが、今回は何となく素直に、これが時代の移り変わりというものかもしれないと思えました。これが収穫と言えるでしょうか。

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

「蝋人形館」@東京タワー

昨日東京タワーに久しぶりに上った。3階にある「蝋人形館」が今日9月1日で閉館になるというので、ちょっとその前に見たくて行ってきた。

東京タワーに対する気持ちの変遷ってあるんだよね。333メートルの電波塔なんだって!すごいねー。でも、エッフェル塔にそっくりなんだって。ゲッ、とかね。上京してきて、毎日見かける東京タワーだけれど、初めて上るまでには10年以上もかかってしまって、地方の友人の観光案内でやっと上ったんだった。

港区勤務が長かったから、本当に毎日のように紅白のタワーを当然そこにあるものとして馴染んできた。六本木ヒルズにも負けない、増上寺にも映える東京タワーの存在が、ちょっと愛おしいものになったのは、やっぱりスカイツリー建設決定からだったかな。

今回は展望台には上らずに、3階のみ。画像を撮っても構わないということだったので、気に入ったものを写してきた。場所が狭いからか、人形がたくさん一緒に置いてあって、ひとつ一つの物語を感じる余裕はないけれど、マレーネ・デートリッヒとエリザベス・テーラーとオードリー・ヘップバーンとそして、ジョン・ウェインが並んでいるんだよ。すごいね。

ネット仲間のジェガンさんが大好きなワンダーランドのアリスは清楚な姿だった。思い出してみるに、実在の人間ではないのは、アリスだけだったかもね。チャーチル、蒋介石、杉原千畝もいた。レオナルド・ダ・ヴィンチがモナリザをモデルに描いているところがあり、彼の最後の晩餐があった。ビートルズの4人も居たよ。そして、その他にはロックの人々の人形がいっぱい。数人は名前だけは知っているけれど、まったく知らないミュージシャンも多かった。これらロックの蝋人形は後日別の場所にロック蝋人形館として展示されるそうだ。

思ったほどの混雑ではなかった。藤子不二雄展や展望台にはそれなりに夏休みの子供連れが来ていた。そうそう、お猿の芸もやっていた。バスの時間があってじっくり見られないのが残念だったなぁ。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »