« 文楽「伊賀越え道中双六」@国立小劇場 | トップページ | 新作「陰陽師~滝夜叉姫」@歌舞伎座 »

2013年9月25日 (水)

九月大歌舞伎午前の部@新橋演舞場

お目当ては「元禄忠臣蔵~御浜御殿綱豊卿」。以前梅玉で観て、すっかり梅玉ファンになってしまった。彼の綱豊卿は優美で知的で自制的なんだよね。今回も彼かと思っていたら、三津五郎で、彼の代演として橋之助になった。梅玉でないのなら行くほどもないかなと思っていたら、ネットで橋之助の綱豊卿が素敵とあったので、橋之助のファンでもある私は慌ててチケットをゲットして行ってきた。

ぎりぎりの購入だったけれど、結構良い席で、楽しむことが出来た。橋之助の綱豊卿は最初から声太く力強い。梅玉とはずいぶん違っていて驚きがあった。代演だから力が入っているのかな、台詞はしっかり入っているけれど、咀嚼する時間的余裕がなくて綱豊卿の表現が一本調子になってしまっているのかしら、なんて感じながら見ていた。でも、見ているうちに、こういう武ばった綱豊卿も有りかなという気分になってきたから面白いね。

次の出し物は「男女(めをと)道成寺」、橋之助と孝太郎との二人舞踊。橋之助が軽快に踊ると、つい引き込まれるんだけれど、女形の踊りはつい眠気を誘う。ごめんなさい。

眠気というと、最後の「天衣紛(くもにまごう)上野初花~河内山」はかなり舟を漕いじゃったよ。以前吉右衛門で見た時は笑えたんだけど、幸四郎は面白味というか軽さがなくて単調だった。台詞が聞き取りにくかったと言っているご婦人もいたっけ。

帰りに横川の釜飯を売ってる店があったので、久しぶりに買ってきちゃった。

|

« 文楽「伊賀越え道中双六」@国立小劇場 | トップページ | 新作「陰陽師~滝夜叉姫」@歌舞伎座 »

歌舞伎と歌舞伎役者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文楽「伊賀越え道中双六」@国立小劇場 | トップページ | 新作「陰陽師~滝夜叉姫」@歌舞伎座 »