« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

「伊達の十役」於明治座

本日千穐楽、その夜の部に行ってきた。

何故行ったか。染五郎がお気に入りなこと、彼の「伊達の十役」というのは、大きなチャレンジだろうから、どの程度か見ておきたいと思ったのかな。ちょっと前に海老蔵の「伊達の十役」をやっていたけれど、腰が上がらなかった。この違いは何だろう?(^^;)

まず声が枯れてる。これまで全力投球だったのかなと思う。赤松満祐の台詞まわしが何となく猿翁を思わせる。道哲は勘三郎風かな。ふむふむ。拍手がうるさくて、台詞が聞き取れないこと多々。舞台を見るというより、声援を送り、わいわい喜んでいる観客。早変わりは、そうと知って見ていても、おぉっと思ったりするものね。確かに楽しかった。

ご存じ伊達騒動の物語。累(かさね)という娘役に違和感がなかった。立ち役専門の人って、どうしても胴が固い感じだけれど、うまくこなしていた。そして、政岡。大切な役だよね。乳母として毅然としていなければならないし、我が子を目の前で殺されるのを見ながら耐える母親。良いんじゃない。子供の亡骸を抱いてかきくどく場面では、涙が出て、涙がレンズになったのか、染五郎の顔がくっきり見えたのにびっくりした。(^^;)

もっともっとこなして自分のものにして、猿翁みたいに、やっているのが楽しくて仕方がないみたいな舞台を見せてくれるといいな。演じている本人が楽しんでいると、観ているこちらも幸せな気分になれる。

最後「これにて今月は・・・」という挨拶があって驚いた。千秋楽の夜の舞台はこういう風に終わるのかぁ。更に幕が下りても拍手が続く。まさか歌舞伎でカーテンコール?好きじゃないなぁと思っていたら、本当に幕が開いた。エェッ!細川勝元姿の染五郎のみがご挨拶。花道の方にも出てきたが、抑えた挨拶の仕方は好感を持てた。そして、最後にエイッと手を振って、お客は満足しただろうな。これは明治座だからだろうか。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »