« 2014年8月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

War Horse - 戦火の馬 -

これも先月見た舞台のメモだ。

渋谷のシアターオーブ(Theatre Orb)で「War Horse - 戦火の馬 -」を見た。この作品を見たかったのは、感動的なドラマらしいからではあるが、もう一つ、文楽(人形浄瑠璃)好きな私にとって作り物の馬を人が操る舞台を見たいという気持ちからだった。

馬が竹細工のような枠組みで表現されていることは、文楽や歌舞伎を観てきた人間としては、すんなりと納得できるものだ。どのように本物に近づけて作っても、否、本物に似せれば似せるほど本物ではない印象が強調されることを知っている。枠組みだけでも、その動きが素晴らしければ、それを見る観客のイマジネーションは、そこに本物の馬の躍動を感じることが出来るのだ。

第一次世界大戦直前のイギリス、農家のアルバート少年は父と馬の競売場に行き、農耕馬とサラブレッドのハーフの素晴らしい馬を見つけてセリ落とし、ジョーイと名付ける。アルバートの父と伯父の兄弟はイギリス人の例にもれず、賭け事が何よりも好きだった。財政的に豊かな兄は、ジョーイに大金を賭けることを申し出る。期限内に農耕馬のように鋤を引けるようになること。アルバートは必死でジョーイに鋤の引き方を教える。ついに成功して金を入手した父親は、ジョーイをアルバートのものだと宣言する。

しかし、第一次世界大戦が勃発し、フランスの戦場では馬が不足する。軍馬が大金で売れることを知った父親は、アルバートに内緒でジョーイを売り渡してしまう。アルバートは心を通わせた愛馬ジョーイを諦められず、年齢を偽ってフランス戦線に参加してジョーイを捜しに出かける。

フランスの戦場では、さまざまなドラマが演じられる。ジョーイを愛してくれる英国軍人、避難農民の女性と可愛いエミリーという少女の母娘とジョーイ、またドイツ軍兵士とエミリーとジョーイ。栗毛のジョーイと黒毛馬との友情ともいえる交流もあった。アルバートは化学兵器(もう第一次世界大戦から使用されていたのね)で一時的に目が見えなくなっていたが、ジョーイを恋うる口笛に応える馬は、鉄条網から救い出されたものの、殺処分されそうになっていたジョーイだった。

ついにアルバートは生きてジョーイを自宅へ連れ帰る。父母と抱き合って無事な再会を喜ぶアルバート、ジョーイは背景の農場でのんびり飼葉を食んでいる情景で大団円となった。ここに私はちょっぴり違和感をもった。日本のドラマなら、きっとジョーイに抱きついた家族三人の姿で終わるのではないかしら。どんなに愛していても、馬は馬、家族と一体にはならないところが欧米人の文化かなと思ったのだ。この舞台を見た友達に語ってみたが、彼女は自然だと感じたようで、この違和感は私個人の感想でしかないのかもしれない。

馬の動きは感動的だった。文楽の黒子とは違って、農夫の姿をした数人が頭や脚を動かすのだが、活き活きと活発に躍動する。馬の心さえ表現できていたと言える。ずいぶんと研究訓練をしたのだろうね。

第二次世界大戦のドイツ軍とは異なって、英独両兵士の人らしいほのぼのとした交流もあって、観客の神経が和むストーリーもある。これが世界中の観客に受け入れられている理由なのだろうね。

| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

白石加代子「百物語」ファイナル

もう先月のことになるのね。感想を書いたつもりだったのに見つからないから、ここにメモっておく。

北千住のシアター1010に白石加代子の「百物語」ファイナルを見に行った。ずっと一話目から演じられ続けた舞台だったのだろうが、最終回にしか行かなかったことを残念に思っている。

九十八話目は三島由紀夫原作の「橋づくし」。怖い話というよりは、落語のようなオチの話しだった。

そして九十九話目は、泉鏡花原作の「天守物語」。この作品は玉三郎の舞台を何度か見た大好きな演目だ。さまざまな人物の台詞を連続でくっきり語り分ける白石加代子って、すごい役者だね。富姫は誇り高く美しい恋する女性として、玉三郎に劣らぬ表現だった。すばらしい役者の台詞力と演技力は、美しい姿のすばらしい役者に並ぶということを知った。感動だった。

泉鏡花の作品ならどれも感動的というわけではない。少なくとも私にとっては、「天守物語」は別格だ。その物語を白石加代子がどのように演じるのか、とても楽しみにしていた。そして彼女はその私の期待を裏切らなかった。朱の盤坊や舌長姥などのあやかし者は彼女の個性の得意とするところだろう。掛け合いのような台詞は楽しく聞くことができた。若い亀姫と豊かな富姫もみごとに演じ分けた。

満足して帰宅途中の電車の中で、妻の趣味につき合わされたらしい老年期の男性が、「字幕がなくては、誰が話しているのか判らないじゃないか」と文句を言っているのを聞いた。笑えた。

| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

八月の歌舞伎

八月の歌舞伎座は夏休みバージョン。三部構成の納涼歌舞伎のうち、昼の部に行ってきた。「信州川中島合戦 輝虎配膳」、以前見たことがあったかどうか記憶にないが、橋之助演じる輝虎(将来の謙信だよね)が短気な男に描かれているのが意外だった。描く主体が変われば、人物評価も変わるということの典型だね。

もう一作の「たぬき」は、多分初めて見たと思う。大仏次郎原作の現代劇かと思ったら、服装は江戸の名残りがたっぷりあった。三津五郎演じる柏屋金兵衛は、コロリが流行っている頃に死んだとされて、葬儀の場面から始まる。簡易火葬場で焼かれる直前に生き返った金兵衛は、これ幸いと死んだふりのまま、愛妾と暮らそうと考えるが、妾にはもうすでに別の男がいた。失望した金兵衛は隠し金を懐に神奈川へ去り、そこでまた事業に成功する。江戸を訪ねた金兵衛は、昔の身内や知り合いが似ていると言いながらも本人とは見抜けないまま、虚しい気持ちに沈むが、幼い息子の「ちゃん」と言う呼びかけに、こころ引かれて戻っていく。

幼い息子役が勘九郎の息子の波野七緒八、父親に呼びかけた後、大人に手を引かれて、後ろを見ながら花道を引っ込む。幼いのに、よく出来るよね。でも、台詞は聞き取れなかった。いろいろ喋らせないで、呼びかけの一言だけにした方がよかったかも。

イギリスの若者を案内したので、イヤホンガイドも借りたし、3階の鯛焼きも初めて買って食べた。歌舞伎座を遊んだ感じだった。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年2月 »