« 七月の観劇など | トップページ | 白石加代子「百物語」ファイナル »

2014年9月 2日 (火)

八月の歌舞伎

八月の歌舞伎座は夏休みバージョン。三部構成の納涼歌舞伎のうち、昼の部に行ってきた。「信州川中島合戦 輝虎配膳」、以前見たことがあったかどうか記憶にないが、橋之助演じる輝虎(将来の謙信だよね)が短気な男に描かれているのが意外だった。描く主体が変われば、人物評価も変わるということの典型だね。

もう一作の「たぬき」は、多分初めて見たと思う。大仏次郎原作の現代劇かと思ったら、服装は江戸の名残りがたっぷりあった。三津五郎演じる柏屋金兵衛は、コロリが流行っている頃に死んだとされて、葬儀の場面から始まる。簡易火葬場で焼かれる直前に生き返った金兵衛は、これ幸いと死んだふりのまま、愛妾と暮らそうと考えるが、妾にはもうすでに別の男がいた。失望した金兵衛は隠し金を懐に神奈川へ去り、そこでまた事業に成功する。江戸を訪ねた金兵衛は、昔の身内や知り合いが似ていると言いながらも本人とは見抜けないまま、虚しい気持ちに沈むが、幼い息子の「ちゃん」と言う呼びかけに、こころ引かれて戻っていく。

幼い息子役が勘九郎の息子の波野七緒八、父親に呼びかけた後、大人に手を引かれて、後ろを見ながら花道を引っ込む。幼いのに、よく出来るよね。でも、台詞は聞き取れなかった。いろいろ喋らせないで、呼びかけの一言だけにした方がよかったかも。

イギリスの若者を案内したので、イヤホンガイドも借りたし、3階の鯛焼きも初めて買って食べた。歌舞伎座を遊んだ感じだった。

|

« 七月の観劇など | トップページ | 白石加代子「百物語」ファイナル »

歌舞伎と歌舞伎役者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七月の観劇など | トップページ | 白石加代子「百物語」ファイナル »