« 白石加代子「百物語」ファイナル | トップページ | ひさしぶり! (メモ) »

2014年9月29日 (月)

War Horse - 戦火の馬 -

これも先月見た舞台のメモだ。

渋谷のシアターオーブ(Theatre Orb)で「War Horse - 戦火の馬 -」を見た。この作品を見たかったのは、感動的なドラマらしいからではあるが、もう一つ、文楽(人形浄瑠璃)好きな私にとって作り物の馬を人が操る舞台を見たいという気持ちからだった。

馬が竹細工のような枠組みで表現されていることは、文楽や歌舞伎を観てきた人間としては、すんなりと納得できるものだ。どのように本物に近づけて作っても、否、本物に似せれば似せるほど本物ではない印象が強調されることを知っている。枠組みだけでも、その動きが素晴らしければ、それを見る観客のイマジネーションは、そこに本物の馬の躍動を感じることが出来るのだ。

第一次世界大戦直前のイギリス、農家のアルバート少年は父と馬の競売場に行き、農耕馬とサラブレッドのハーフの素晴らしい馬を見つけてセリ落とし、ジョーイと名付ける。アルバートの父と伯父の兄弟はイギリス人の例にもれず、賭け事が何よりも好きだった。財政的に豊かな兄は、ジョーイに大金を賭けることを申し出る。期限内に農耕馬のように鋤を引けるようになること。アルバートは必死でジョーイに鋤の引き方を教える。ついに成功して金を入手した父親は、ジョーイをアルバートのものだと宣言する。

しかし、第一次世界大戦が勃発し、フランスの戦場では馬が不足する。軍馬が大金で売れることを知った父親は、アルバートに内緒でジョーイを売り渡してしまう。アルバートは心を通わせた愛馬ジョーイを諦められず、年齢を偽ってフランス戦線に参加してジョーイを捜しに出かける。

フランスの戦場では、さまざまなドラマが演じられる。ジョーイを愛してくれる英国軍人、避難農民の女性と可愛いエミリーという少女の母娘とジョーイ、またドイツ軍兵士とエミリーとジョーイ。栗毛のジョーイと黒毛馬との友情ともいえる交流もあった。アルバートは化学兵器(もう第一次世界大戦から使用されていたのね)で一時的に目が見えなくなっていたが、ジョーイを恋うる口笛に応える馬は、鉄条網から救い出されたものの、殺処分されそうになっていたジョーイだった。

ついにアルバートは生きてジョーイを自宅へ連れ帰る。父母と抱き合って無事な再会を喜ぶアルバート、ジョーイは背景の農場でのんびり飼葉を食んでいる情景で大団円となった。ここに私はちょっぴり違和感をもった。日本のドラマなら、きっとジョーイに抱きついた家族三人の姿で終わるのではないかしら。どんなに愛していても、馬は馬、家族と一体にはならないところが欧米人の文化かなと思ったのだ。この舞台を見た友達に語ってみたが、彼女は自然だと感じたようで、この違和感は私個人の感想でしかないのかもしれない。

馬の動きは感動的だった。文楽の黒子とは違って、農夫の姿をした数人が頭や脚を動かすのだが、活き活きと活発に躍動する。馬の心さえ表現できていたと言える。ずいぶんと研究訓練をしたのだろうね。

第二次世界大戦のドイツ軍とは異なって、英独両兵士の人らしいほのぼのとした交流もあって、観客の神経が和むストーリーもある。これが世界中の観客に受け入れられている理由なのだろうね。

|

« 白石加代子「百物語」ファイナル | トップページ | ひさしぶり! (メモ) »

舞台・演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白石加代子「百物語」ファイナル | トップページ | ひさしぶり! (メモ) »